愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の葬儀・家族葬なら「平安会館」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾・蒲郡・豊川の葬儀・家族葬なら「平安会館」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

あなた色の空に包まれながら

いよいよ別れが近いのかも知れない…そう意識してから、ぐるぐると胸の内をかき乱す寂しさが増すように、どんどんお天気は下り坂になっていきました。
ご葬儀当日はまさかの、台風。
賑やかよりも穏やかな静けさを求めた故人様に似つかわしくないその天気は、ひょっとすると、送る側である、ご家族様の気持ちの表れだったのかもしれません。
愛知県岡崎市にございます、平安会館 岡崎六名斎場でのお手伝いのご様子です。

お身体はどこも悪くなく、ただただ、自然にその時を迎えることになった故人様。
ご自分でお作りになったお洋服に身を包みながら、にっこりと、こちらに語りかけるように微笑む故人様のお写真は、こちらもつられて笑みがこぼれるような素敵な仕上がりでした。
「最期は何も食べられず、淡い呼吸を確認するだけだった。もっともっと、たくさん食べさせてあげたかったなぁ…」
そう、うつむきながら辛そうにお話になったご家族様のお声に、お好きでいらしたグラタンやバナナ、ティラミスを、そっとご用意いたしました。
その隣には、想いのこもった手紙たちや懐かしい家族写真たちが並んでいます。
そしてなにより、ご家族様も初めて知ったという大切にされていたブロマイドたち。
ご時世もあって、気の知れたご親族のみの家族葬で執り行われた今回のご葬儀でしたが、本当はもの凄い価値のあるモノなんじゃない?そんな笑い話も聞こえてきました。
世代の違う私たちには、ただただ見つめ、想像することしかできませんが、そのワクワクしたお時間も故人様からいただいたものだと思うと、かけがえのない大切なひと時となりました。

いよいよその時を迎えて、ふとマイクを握りながら外に目を向けると、どうでしょう。
まるで嵐のような今朝までとは違い、台風のタの字も見当たらないような、穏やかな空がそこにありました。
今、この瞬間、お別れを迎えたこの今こそが、まるで故人様のお人柄、そのものではないか…。
そう感じ、儀式後のナレーションの文面に、少しペンを加えました。
ご参列の皆様を泣かせたり、感動させることが目的ではありません。
ただ、いまこの尊いお時間を共有させていただく中で、少しでも、ご家族様と共鳴する言葉を紡げたのなら…。
何度も頷きながら耳を傾けてくださったご家族様をみて、胸が温かくなりました。

それから皆様がお帰りになるまで、穏やかな天気が続きました。
ところどころに青空をのぞかせながらも薄曇りの空は、暑くも、寒くもなく、ただただ凪のように、私たちを包み続けました。
雨は上がり、けれどまだ少し、晴天になるには時間がかかるけれど…。
大きな存在をなくされたご家族皆様に、どうぞ、お疲れの出ませんよう願っています。

平安会館 岡崎六名斎場

担当 古橋 春奈


平安会館・文十鳳凰殿 公式Instagram・Facebook・Twitterでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

◇平安会館

はこちら

はこちら

はこちら

◇文十鳳凰殿

はこちら

はこちら

はこちら