お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

未分類の記事

先日、文十鳳凰殿 中央斎場で通夜・葬儀を担当させていただきました。

同居の遺族と親戚さん数名の家族葬でゆっくりとあたたかく送ってあげることができたと思います。

喪主様をはじめとする遺族・親族の皆様も想いを込めて贈ってあげていたとは思いますが、

特にお孫さんのおばあちゃんに対する想いはとても重く感じられました。

想い出の品々からとても仲のいいおばあちゃんとお孫さんだとわかります。

式の最後のお別れの時はたくさん涙を流されていました。

当会館からサプライズでおばあちゃんの生前の大好物だと伺っていた「カニの握り寿司」をお棺の中に入れて差し上げましたら、とても喜んでいただけて私も少しもらい涙をしてしまいました。

久しぶりに涙してしまいましたので書かせていただきました。

ご遺族・ご親戚の皆様2日間大変お世話になりました。

 

文十鳳凰殿 中央斎場1F

担当 細川 健太郎

未分類 コメントなし    コメントをする

8月初旬、両日ともにじっとしていても汗が噴き出て、40度を超えているのではないかと思える程の暑さでした。

そんな暑さの中、岡崎市にございます平安会館六ッ美斎場にて

お通夜、ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

ご祭壇のご様子です。

ご祭壇にお灯し致しますお灯明の種火を喪主様よりいただき・・・

献灯!

式中のご様子です。

ご参列いただきました皆様へ喪主様より御礼のご挨拶です。

寺院様ご退席後、スライドショーで在りし日のお姿をご覧いただきながら

故人様をお偲びいただき・・・

一輪一輪に想いを込めお棺にお花を入れていただきます。

故人様のお好きでいらしたお寿司をご用意させていただきましたので、

彼の地に行かれる時に持って行っていただけたらと思い

お棺に納めていただきました。

最後に末期でミルクと砂糖入りのコーヒーをお口に含ませていただき

ご家族の皆様にお棺をお閉じいただきます。サガンの儀!

喪主様を先頭にご出棺でございます。

ご帰宅後、後飾り壇を組ませていただき、喪主様とのツーショット。

花火職人として長年働いてみえた故人様。毎年岡崎公園で行われる花火大会の準備にも携わっておられたそうです。時には段ボールいっぱいに手持ち花火を持ち帰ってお孫さん達の喜ぶ顔を見ながらにこにこされていたお顔が思い浮かばれます。

ご家族の皆様には本当にお世話になりました。日に日に寒くなっておりますがお風邪などひかれておりませんでしょうか?体調を崩されないようにご自愛くださいませ。

文十鳳凰殿 平安会館 六ッ美斎場

担当 清野 孝子

お通夜・ご葬儀の様子, 未分類, 清野 孝子 コメントなし    コメントをする

毎年行われる厚生労働省認定の葬祭ディレクター試験。

2級は2年以上の葬祭実務経験があること。

1級は5年以上の葬祭実務経験があること。

先日その試験に挑戦させていただきました。

名古屋駅にある会場に着くと本当に多くの葬祭会社のスタッフが集まっていました。

私の近くにいた方達が「俺たちの5年の集大成となる試験の本番!頑張ろうな!!」

と話しているのを聞き、平常心!平常心!と思っていた私もやっぱり緊張を感じずにはいられない状況に・・・

学科、実技(幕張り・接遇・司会)とどんどん時は過ぎ去り、

エネルギーと緊張感を使い果たし、帰る頃にはからっぽな人間になっていました。

結果は約2か月後・・・

そしてその2か月が過ぎ・・・

結果が自宅に届きました。結果は・・・

これからも故人様・ご遺族の皆様に寄り添える1級葬祭ディレクターとして

日々精進してまいります。

 

平安会館  家族葬の結家   文十鳳凰殿

担当 井手 和美

井手 和美, 未分類 コメントなし    コメントをする

先日、文十鳳凰殿 碧南斎場にてご葬儀の担当をさせて頂きました。

ご遺族の皆様は、親族だけでゆっくりと送ってあげたいという気持ちから家族葬をご希望でした。

喪主様、故人の奥様は特に熱心に通夜・葬儀に取り組まれていらっしゃいました。

ご親族様以外にもたくさんの弔問の方々が会葬にみえて、喪主様は改めてお父様の偉大さを知り、感動されていました。

こういう仕事に携わっていると亡くなってから改めて故人の顔の広さや、慕われ具合を知ったということをよく聞きます。

喪主様をはじめ、親族の皆様には大変お世話になりました。

故人様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

文十鳳凰殿 碧南斎場

担当 細川 健太郎

未分類 コメントなし    コメントをする

家族葬別邸 結家碧南にてお葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

ご葬家さまのご希望は、家族だけでお送りするゆったりとした暖かなお式。

お通夜・お葬儀と2日間、お子さまとお孫さまを中心としたお式を執り行いました。

祭壇は、お好きだったというお色のお花を使った洋花のお飾りです。

故人さま、お祭りの時期やお正月など、家族がみんな集まる時には

おはぎやお赤飯をたくさん準備して待っていてくれたそうです。

そのご尊前に、おはぎをお供えしてくださっていました。

おつとめの様子でございます。

最後には、お淋しくならないよう、お棺にたくさんのお花と

お供えくださっていたおはぎをお納めいただきました。

そしてご出棺…お見送りをいたしました。

ご家族さまには大変お世話になりました。

お疲れがでませんよう、ご自愛くださいませ。

家族葬の結家 碧南

担当 久保優里香

お通夜・ご葬儀の様子, 未分類 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 10