お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

その他の記事

満中陰 「中陰が満ちる」つまり中陰が終わる日という意味 49日の忌が明ける日なので 忌明け(きあけ)と呼ばれたりもします

忌明け法要の時 準備しないといけない事や物 今日はお話したいと思います まず

①忌明け法要の日時、場所は御寺院とご相談して早めに決めましょう

② どなたが来られるか ご案内のハガキを作成しお送りしましょう 日時が決まったらなるべく早い方がよいですね 電話連絡だと日にちや時間を言い間違えたり 聞き間違えたり 書面であったほうが来て下さる方にも丁寧です

大半はお葬儀の初七日法要までお付き合いして下さったご親族 けれど忌明け法要の日にご都合が合うかわからないので法要の後のお料理や引き物のご準備の数を把握するため名簿を作られた方がわかりやすいです

③ 引き物のご用意 お品物を決めましょう お寺様の分もお忘れなく

④ 忌明け法要までに「本位牌」をご用意しましょう お葬儀で使用したお位牌(白木)は仮位牌となります

法要をご自宅で行う場合以外 (お寺や法要会館などで)当日お持ちいただくもの

1、位牌(白木の仮の位牌と本位牌と2本)

2、お骨

3、ご遺影

御寺院によってはお供えにお餅など用意をしなければならないので 必要なものを御寺院にお伺いしてください

4、法要で来られるお客様のお茶菓子 法要に休憩を挟まれる場合がありますので(休憩をするかどうかは御寺院にお伺いください) 法要が始まる前と休憩の時の分

5、お布施

6、寺院が食事の席に着かれないのであれば 御膳料

となります

そして 忌明け法要を終えられたら

お仏壇のお打ち敷は白から表(金糸など色物)の変えます

神棚を伏せていた半紙をはがし 神棚のお供えをします

ご遺影のリボンも外してもよいです

 

案内のハガキから 引き物 お料理 全て西尾、岡崎の法要会館で承ることが出来ます(会館利用は他ホールにつきましては 友引の午前中のみ)

わからない事がございましたら いつでもご連絡くださいませ。

フリーダイヤル  ☎0120-565-542   スタッフ一同

 

文十鳳凰殿 平安会館  家族葬別邸~結家~

担当 藤原 恵美

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

西尾市のど真ん中、市役所の表通りを東に進み、西尾郵便局を少し過ぎたところ…【 文十鳳凰殿 西尾中央斎場 】は、とても分かりやすい立地に、ご用意がございます。ご参列も含めれば、一度は足を運んで頂いたことのある方も、多いのでは…その中央斎場の1階式場、瑞雲殿の目の前ロビーには、大きな閻魔様がご安置されています。

仏師、松久宗林によるこの作品。考えてみれば、閻魔様とは切っても切れないご縁のあるこのお仕事…。こうしてお姿が形になってみえると、何だか気の引き締まる思いが致します。まだ新入社員だったころ、先輩から、こんな言葉をいただきました。

「よく、閻魔様のお顔を見てごらんなさい。その時の自分の心の持ちようで、お顔が変わってみえると思うわ」

穏やかな日、心にさざ波の立つ日、寂しかったり、辛かったりする日…「人間」であれば、誰しも、毎日が同じではありません。そう言われて気にしてみると…なんとなく、穏やかなお顔のに感じるもあれば、どことなく、お怒りになっているように感じる日もあったり…。けれど、まず、閻魔様って、どんな方なのでしょう?

ご宗派によってお考えは異なりますが、死後の世界で、私達をさばき、導いて下さる方々…誰も見た事のない世界なのに、私たちはそれを「当たり前」と認識し、時には、心の拠り所として、すがるのです。

昨今の生活スタイルで、仏教に関する考え方も大きく変わってきていると、色々なメディアで、目に、耳にします。お手元に置かれる心の拠り所も、さまざまな形に変化してきました。

閻魔様と同じロビー、振り向いてみてください。こちらはお譲りすることができます。新しいご縁を、こちらで結んでみてはいかがですか?

 

文十鳳凰殿 西尾中央斎場

平安会館 家族葬別邸~結家~

担当 古橋 春奈

その他, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

作った物は、必ず壊れるか無くなるモノです。

不備がないように沢山 作ります。

ベテランの技は.素晴らしいです。

心を込めて 一枚 一枚 作ります。

出来上がった引換券は、受付に並びます。

【葬儀事前相談 家族葬 西尾葬儀】

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬別邸~結家~

担当 岩瀬 直人

その他, 岩瀬 直人 コメントなし    コメントをする

皆さま、こんにちは。

先日、あるお葬儀をお手伝いさせていただいた時、会葬者の方よりある質問をされました。それは、「お式の途中でろうそくなどを変えたのはどういった意味があるのですか?」というものでした。

真宗大谷派の例ですと、お式が始まるときは上の写真のような状態になっております。

しかし、途中からこのような状態になります。これは、本来ですとお寺でお勤めを行った後、火葬場に移動してお勤めを行う、といったことを現在はずっと式場で行うので、場が変わったということを表すためにろうそく等を変えております。

このほかにも、様々なことがお式の最中に執り行われ、その一つ一つにきちんと意味があります。また、宗派によっても少しずつ違っているのでとても奥深いので、日々勉強し精進していきます。

平安会館 文十鳳凰殿

担当 幸村  美樹

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする

今年は例年より長く咲いた桜も散り、時に夏日を記録しそうな暑さを交えながら、目に眩しいほど青々とした若葉が、次の世代の準備を着々と初めています。

春、この新しい季節に、私達にも、新しい仲間が増えました。初めて触れること、もの、ひと…どれもが新鮮だと、新しい仲間たちも、日々目を白黒させながら、充実した一日を終えると、ほっと一緒に笑い合う日が続いています。

私達は、いつでも、これからも、ずっと、新しい仲間を求めています。人が生きる限り、迎える最後。その、大切な瞬間に、立ち会うことのできるお仕事です。「ありがとう」をお仕事にしてみませんか? 業種も、地域も、様々です。まずは、お電話をお待ちしております。

 

文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 家族葬別邸 結家

代表:0120-565-542  担当:伊澤(いざわ)

 

その他, 伊澤 直弘 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 51