お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

藤原 恵美の記事

お盆真っただ中に上陸した大型の台風10号も過ぎ 北陸では気温40度を超える暑さ

熱中症警戒で市民プールも閉鎖されているニュース この異常気象はいつまで続くのでしょうか

この暑さに会館の空調も効きが悪く 暑い中お越し頂いた会葬の方にご迷惑もおかけしています 本当に申し訳なく思っております

 

先月お葬儀を終えられ 49日法要も岡崎法要会館で行って下さったお客様 ご長女さまが喪主を務められ お母さまを送られたお家でした

丁度お通夜の準備の為 本宿斎場へ出かける前に 1か月ぶりにお会いできるので法要の前にご挨拶に伺いました

早いものでもう忌明け法要なんですね 少しは落ち着かれましたか?

まだご長女様だけのご到着で親戚のかたはいらっしゃってないお時間だったので 15分位お話しすることができました

 

そこで頂いたお言葉に涙がでそうになりました

 

私たちの仕事は時にとても辛いと思う事もあります

でも ご遺族にとってたった一度の大切な方のお葬儀 なんとかそのご遺族の想いに少しでも添えるようにと ただただ それだけを考えて一つのお式をお手伝いさせて頂いております

その“想い”で 良いんだな これで間違ってないんだな

と再確認した最上級のお言葉をいただき 本当に嬉しかったです

 

そのお言葉を一生胸に刻み

これからも精進していきたいと思います 本当に有難うございました

平安会館ソサイエ 大平・縁・本宿斎場

文十鳳凰殿 家族葬別邸結家

担当 藤原 恵美

 

 

 

 

 

 

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

雨が降りそうで降らない 蒸し暑さが厳しい7月中旬

96歳のお父様を送るお手伝いを 平安会館ソサイエ大平斎場にてさせて頂きました

初めてお家にお伺いした時

「ほんとうにね~~怒ったことがないだよ 喧嘩もいっちどもしたことがない や~さし~人だったよ~」

「さ~ぶちゃん 今まで行ったことの無い道を行くだで 気をつけていきなさいよ~ 今まで行ったことないところだから・・」

ずっと お側を離れずに ずっとお声をかけていらした 御連れ合い様の言葉がとても印象に残りました

ご遺影に決められたお写真は 奥様がおっしゃた通り 優しい笑顔で微笑んでおられました

4人の娘様 そしてお孫様たちは皆 さぶちゃん かなえちゃん とお呼びになり 毎年お盆お正月は孫 ひ孫まで30人ほどが勢ぞろいし 賑やかに過ごすことを25年もの間ずっと続けられ 家族の絆の深さに感銘を受けました

晩年はカラオケやゲートボール 書道や夫婦での旅行と多くの趣味を楽しまれ多くのご縁をつないでこられました 書道においてはご自分で書道教室へ習いに行かれるほど

 

葬儀式のはじまりにあたり ご祭壇へお灯明を捧げさせていただく 大切なお光を

最愛のかなえさまより頂きます

ご祭壇に灯りがともり 厳粛に葬儀式が執り行われました

大勢の方がお別れに来てくださり 心をこめてご焼香くださいました

喪主様より御礼のご挨拶でございます

父が一生懸命育ててきた紫陽花が 今年も見事に咲きました どれほど美しかったか・・入院中の父にも見せてあげたかったです・・

その想いを伺い 葬儀日 ご自宅から紫陽花の花を切ってきてもらいました もうほとんどの花が終わってしまっていたけれど ぜひ 1輪だけでもお父さんに持って行ってもらいましょう と

ご祭壇に一番近く 書を飾ったテーブルに紫の紫陽花を3輪お飾りし ご出棺時 お棺の中へ手向けて頂きました

 

きっとこれからも お盆お正月で皆が集まるその場所に さぶちゃんは皆のそばで見守ってくださいますね 2日間大変お世話になりありがとうございました

梅雨が明け 一斉に鳴きだした蝉の声  これから暑い夏です

体調を崩されませぬよう どうぞご自愛くださいませ

平安会館 ソサイエ 大平斎場

担当 藤原 恵美

 

お通夜・ご葬儀の様子, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

毎日毎日 蒸し暑い日が続いています いつになったら梅雨は明けるのでしょうかね~~

ほとんどが仏式でのお葬儀が多い中 たまに神式のお手伝いをさせていただくこともございます でも日本で信仰されている宗教の割合は仏式より神式のほうが少し多いそうです 今日は神式でのお葬儀 斎場の雰囲気はどのような感じになるのか ご覧ください

まず 平安会館ソサイエ 縁斎場

‟落ち着いた雰囲気が好き”と 結構 縁斎場はファンの方も大勢いらっしゃいます

神式の祭壇を組んでも とてもいい感じ!!

 

こちらは平安会館百々斎場

百々斎場は岡崎にある斎場では一番新しい会館ですが 真っ白な壁に神式の祭壇は・・・と思っていたのですが  とっても素敵な斎場となりご親族様にも喜んで頂けました

どこの斎場でも宗派問わずお手伝いさせて頂きます

 

※おまけ※

神式の時に神饌物(しんせんもの)(神様にお供えする食べ物の総称)の用意をしなくてはいけません

海の物 山の物 地の物 葉の物

季節によって沢山の野菜や果物 魚

魚 本来お葬儀で使うものは黒い魚 黒鯛 なかなか手に入りにくいので

たまに・・赤い鯛 祭主様に了解を得て

鯛を格好良く紐で結んでお飾りするのも だいぶ慣れてきました

鯛の向きもきちんと決まっていて頭は中心へ向くように お腹が祭壇に向くように

この向きで祭壇上段の左へお飾りします

 

梅雨が明けたら 夏!なつっ!

すぐにお盆となります ご先祖様のお迎えのお仕度 お早めにご準備ください

平安会館 ソサイエ大平 縁 本宿斎場

担当 藤原 恵美

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

満中陰 「中陰が満ちる」つまり中陰が終わる日という意味 49日の忌が明ける日なので 忌明け(きあけ)と呼ばれたりもします

忌明け法要の時 準備しないといけない事や物 今日はお話したいと思います まず

①忌明け法要の日時、場所は御寺院とご相談して早めに決めましょう

② どなたが来られるか ご案内のハガキを作成しお送りしましょう 日時が決まったらなるべく早い方がよいですね 電話連絡だと日にちや時間を言い間違えたり 聞き間違えたり 書面であったほうが来て下さる方にも丁寧です

大半はお葬儀の初七日法要までお付き合いして下さったご親族 けれど忌明け法要の日にご都合が合うかわからないので法要の後のお料理や引き物のご準備の数を把握するため名簿を作られた方がわかりやすいです

③ 引き物のご用意 お品物を決めましょう お寺様の分もお忘れなく

④ 忌明け法要までに「本位牌」をご用意しましょう お葬儀で使用したお位牌(白木)は仮位牌となります

法要をご自宅で行う場合以外 (お寺や法要会館などで)当日お持ちいただくもの

1、位牌(白木の仮の位牌と本位牌と2本)

2、お骨

3、ご遺影

御寺院によってはお供えにお餅など用意をしなければならないので 必要なものを御寺院にお伺いしてください

4、法要で来られるお客様のお茶菓子 法要に休憩を挟まれる場合がありますので(休憩をするかどうかは御寺院にお伺いください) 法要が始まる前と休憩の時の分

5、お布施

6、寺院が食事の席に着かれないのであれば 御膳料

となります

そして 忌明け法要を終えられたら

お仏壇のお打ち敷は白から表(金糸など色物)の変えます

神棚を伏せていた半紙をはがし 神棚のお供えをします

ご遺影のリボンも外してもよいです

 

案内のハガキから 引き物 お料理 全て西尾、岡崎の法要会館で承ることが出来ます(会館利用は他ホールにつきましては 友引の午前中のみ)

わからない事がございましたら いつでもご連絡くださいませ。

フリーダイヤル  ☎0120-565-542

スタッフ一同

文十鳳凰殿 平安会館  家族葬別邸~結家~

担当 藤原 恵美

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

通夜の日の悲しい雨も一変 新緑の輝く5月も終わるころ88才のお父様のお別れを

平安会館ソサイエ縁斎場にてお手伝いさせて頂きました

自営業を営まれ 現役引退後は息子様の会社に入り 従業員の方と同じように汗を流し力を貸してくださいました いつも気持ちや立場を理解してくれるおやじの存在はとても大きく有り難かったと

まじめで一生懸命 心の優しいおやじの元に生まれてこられて本当に良かった 感謝しています ご家族は感謝の想いを募らせておられました

 

奥様の事もとても愛し 思いもよらぬ骨折で入院を余儀なくされて1カ月 折にふれては「おかあさんに 逢いたいな」と 奥様の事をご心配なさいました 先生に無理を調整して頂き退院

これまで手をたずさえて共に歩まれた長い年月 退院がかなってまたお二人で共に過ごすことの出来たこの半月余りが何より安らげる時間であったことを伝えるようにお棺の中 本当に穏やかに眠っておられました

 

お式の始まりにあたりご祭壇のお灯明のお光を 大切な方からいただきます

大切に 大切にお預かりし お式を始める準備が全て整いました

 

厳粛に執り行われたお式も閉式し お別れに来てくださった皆さまがそれぞれに感謝のお言葉とお花をいれていただきました

 

これから先も この大空から奥様のことは見守り続けていかれることでございましょう

2日間本当にお世話になり ありがとうございました お疲れがでませぬよう

どうぞご自愛くださいませ

 

平安会館ソサイエ 縁斎場

担当 藤原 恵美

お通夜・ご葬儀の様子, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 8