お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

藤原 恵美の記事

亡くなられた方の歳の本数のカーネーションで作られた

両手でも抱えきれないほどの花束

写真は100歳のお母様へ 100本のカーネーション

とても素敵でした

 

100本 形にしてしまうとこれだけですが その一本一本はとても大切な想い出のつまったカーネーションです

‟ここらへんで私が生まれたね”

‟50歳くらいであんなことがあったね じゃこのカーネーションのあたりかな”

お通夜が終わったあと そんなほほえましい話が聞こえてきました

 

お棺の中にこの大きさでは 故人様も重たいでしょうから

一本一本に切って皆様に手向けて頂きました

 

歳の数だけの花束 カーネーション 又はバラでお作りすることができます

 

コロナウイルス 日に日に感染者も増えていくニュースばかり

志村けんさんが亡くなられたことで 人事じゃないな と感じるかたも多いのではないでしょうか

まだクルーズ船のニュースが出始め 巷でマスクが入手困難になり始めた頃

仕事上 毎日 不特定多数の方と行き交う私に 母が作ってくれました

自宅のマスクももうなくなりかけた先週くらいから 出番です!!

いつまでたっても親にとって 子供は子供

本当にありがたいです

 

手洗い うがい 除菌 マスク

自分と愛する人を守る為 徹底しましょう

 

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当 藤原 恵美

その他, 未分類, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

新型コロナウイルスが猛威を揮い 2カ月がたとうとしています

家庭にお仕事 いろいろなところで影響され 今 世界中がいつ終息するのか不安な中での生活ですね

大学の卒業式は ほぼ中止になったみたいですし

結婚式は延期にする方も増えているようです

 

お葬式を延期することは出来ず 遠方からの親戚に新幹線や飛行機に乗せるわけにはいかないからと 家族だけで送って差し上げるかたもいつも以上に増えてきています

それでも お世話になったかたがお参りできる為には と考えたところ

過度な密集の空間を作らなければよいのでは・・

お通夜の時間を15:00~20:00(お寺様のお読経の時間はきちんと決めて)

都合の良い時にお参り出来る様にご案内しました

読経の始まる19:00までに来られた方 およそ100名

「こんな時期だから外へ出るのも躊躇するけどお世話になった方だからお参りはしたかった 時間をずらしてこうやってお参りすることが出来て 本当によかった」

と仰られる方が大勢いらっしゃしました

そんな通夜の翌日

桜の開花ももう間近という春の一日

昨年 黄綬褒章を受けられた93歳になるお父様のお葬儀です

長きに渡り自動車整備のお仕事に尽力されたお父様

実は弊社の霊柩車の整備 点検もこのお父様が築きあげた会社にお願いをしていて いつも安心して走らせる事ができております

お通夜時間前にに多くのお参りの方がいらっしゃったのにお葬儀の日も満席になるほどの会葬の方でした お父様の人望が伺えます

ひ孫様が書いて下さったお手紙や写真もご祭壇の横に飾らせていただきました

 

喪主様のご挨拶では

「一代目は苦労はつきもの・・必死に頑張ってくれた父にただただ感謝しかありません」と

これからは 彼の地から先に待つ奥様と一緒に  皆さまの事を見守り続けてくださることでしょう

2日間お世話になり本当にありがとうございました

お疲れがでませぬよう どうぞご自愛くださいませ

【 岡崎市葬儀 岡崎市家族葬 】

 

平安会館 家族葬の結家 文十鳳凰殿

担当 藤原 恵美

お通夜・ご葬儀の様子, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

十年一昔というなら 一昔半前?頃まではご自宅やお寺でお葬儀をあげられる方も結構おられました

ご遺族の負担を少しでも軽くできるようにと 近年 葬儀会館があちらこちらに建ち始めたのです

それでも一年に何回かは会館外のお葬儀もお手伝いさせて頂いております

 

お寺にご奉公された方は もちろんお寺でお葬儀を行います

岡崎の東 とても有名な観音様のお寺

正面が立派なご本堂

その右側に お葬儀はもちろんご法要も営まれるように広い会館が隣接されています

10年ほど前は 何回かお手伝いさせて頂いてたことをうっすら記憶に残ってました

春の陽気 とても暖かな3月の初め

2代前の大和尚様の奥様のお葬儀をお手伝いさせていただきました

 

たくさんのお供えを頂き 立派なご祭壇が出来上がっていきます

 

親族さまの他に “おかあちゃん”にご縁のある皆様も足を運んで 手を合わせられました

会館で行ういつもとは全く別の空間の中 厳粛にお式は進められました

 

慣れた会館でのお葬儀ばかりで でもご自宅やお寺でのお葬儀が全くなくなるわけでもないので どこででも きちんとお手伝いができるように 勉強しなければならないことが まだまだたくさんあります

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当 藤原 恵美

お通夜・ご葬儀の様子, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

人が宇宙旅行をする時代も もう近い将来となる2020年

ご遺骨はもうすでに宇宙へと飛び立っているそうです

海洋散骨

樹木葬

埋葬の形も時代を経て 変わりつつあります

大切な方と ずっと一緒にいたい…

そのようなお考えから 手元供養 を希望される方も増えてまいりました

ほんのわずかなお骨を細かく粉砕し リングやペンダントに封入し

お手元に届きます

 

先日 お手伝いさせていただいたお客様から

お骨は実家のある北海道のお墓に納骨してしまうので 少しでも私のもとに置いておくのにはどうすればよいかな とのご相談に 手元供養という方法がありますよと ご提案させていただき 喜んで早速ご注文くださいました

ペンダントがお手元に届くのは もう少し時間がかかると思いますが

愛する人といつも一緒にいられることで 悲しみも少しは和らぐものと信じています

 

このパンフレットは各会館にございます

ご興味のある方は 是非 お近くのスッタフまでお声かけ下さい

 

文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 サライ 家族葬の結家

担当 藤原 恵美

 

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

2020年ももう1か月を過ぎようとしております

今年は暖冬と言われてますが昨日は冷たい雨と風でとても寒かったです 皆様 風邪などひかれておりませんか?

さて 今日は一冊の本をご紹介いたします

 

あなたと、だれか。

ありがとうが

気持ちをくっつけてる。

 

たった一言の、心づかい。そこには必ず想い合う気持ちがあるのですね。

つながっていることが

こんなにも人を優しく、そして強くするのだと。

ご投稿いただいた多くのメッセージを 拝見して改めて感じました。

ありがとうの気持ちを 大切にしてほしい。

それが私たち平安閣の想いです。

…ありがとうの本2019-2020 まえがきより…

2011年から始まり今年で9冊目

下は小学2年生から上は80歳の方までのメッセージが綴られております

クスッと微笑んでしまうものから 涙が溢れるものまで

‟ありがとう” って伝える事の大切さを改めて感じる一冊です

 

夫へ 妻へ お父さんへ お母さんへ かさをかしてくれたトラックのおにいさんへ

名前も知らないおばあさんへ カレーのルーを作ってくれた人へ

ご年配で寝たきりの人へ 愛犬たちへ 自分の右手へ・・・

たくさんの‟ありがとう”がつまってます

そして読んだ後 とても心が温まります

 

この本 お近くの平安会館で 差し上げております

どこの会館もスタッフが不在の場合もありますので お越し頂ける際にはお電話いただけたら幸いです

0120-565-542

平安会館ソサイエ 大平 縁 本宿

平安会館 竜美丘 六名 百々 六ッ美 東刈谷 安城 猿投駅前 藤岡さとび 土橋

担当 藤原 恵美

 

その他, 未分類, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 10