お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

福島隆嘉の記事

私の親父は時に激しく時に優しく時に難しく時に穏やかに

そして大きく・・・そんな男のイメージしかないんですよね・・・

と喪主様はお父様をそんな感じの男だったんですと・・・

回想されてました・・・まさに山の如き人だったんだよな・・・

だからこそ祭壇は山にして欲しいな・・・そんな親父だけの山祭壇を

作ってあげたい・・・とお父様から会社を引き継がれた喪主様はおっしゃいました・・・

そして出来上がった祭壇がこちらです。

厳格で豪快で優しい祭壇を有難う・・・

お褒めのお言葉をいただき・・・儀式を終えました。

人生でたった一度のその御方様だけのオリジナルのセレモニー

精一杯真心込めてお手伝いさせていただきます・・・

合掌

 

文十鳳凰殿  平安会館 家族葬の結家

担当 福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする

親父のイメージに合った祭壇を・・・

お父様の会社を引き継いだ喪主様は・・・ボソッとおっしゃられ

ました・・・  山が好きだったんだよな~・・・ 山をイメージした祭壇

かしこまりました・・・精一杯お父様のお好きなイメージで作らせていただきます・・・

ときにお客様から有難い宿題をいただきます・・・

オリジナル・・・ その御方様だけのたったひとつのお葬式・・・

次回のブログではそのプロセス・・・どんな形で世界にたったひとつの山をイメージ

した祭壇になったのかを詳しくお話しをさせていただきます。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当 福島 隆嘉

 

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする

花の盛りもいつしか過ぎて ・・・

葉桜の季節を迎えましたそんな折、大切な御方様を見送られました・・・

葬儀式は本当にライブであり感謝を伝える本当に大切な場所・・・

先だっての葬儀式では無宗教でのお別れの会・・・

故人様が大好きなお孫様3名の演奏会・・・

フル-ト を吹いてハーモニカを吹いてアカペラで歌って・・・

おじいちゃんありがとうの涙・・・涙の本当に心温まるお孫様から

おじいちゃんに送る演奏会・・・なんだか遺影のお写真が微笑んでいるようにも

見受けられました・・・

病気でおじいちゃんが食べれなかった甘い物・・・特にどら焼きを食べてもらい

たいと言う事をお聞きしていましたので最後のお別れの時にお柩に

納めていただきました・・・

葬儀式は人生ドラマが凝縮されています・・・

日本人の文化継承平安会館が精一杯 真心こめてお手伝いさせていただきます・・・

 

 

平安会館      文十鳳凰殿     家族葬の結家

担当 福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする

昔気質の爺ちゃんは昭和の初期の生まれ・・・戦中戦後は食べるものすら

ままならずに尋常高等小学校では級長を務めて得意の畑仕事を仲間に伝授し

芋や野菜を作っては仲間の家にも振る舞うほどに独学で農業を勉強して

本当に古い農業の本が昔から古びた書棚に置いてあったのを記憶している・・・

と喪主様を務めるお孫様が遺影写真を眺めながらそうおっしゃられていました・・・

飽食の時代の今爺ちゃんの口癖は孫に囲まれると決まって食べ物の有難さや

大切さをずっと話して終わった後で頂きます・・・と手を合わせて食べる

小さな時は食べるまでの爺ちゃんの食べ物の有難さを説く話が長くて長くて・・・

ただ今になって爺ちゃんの言ってた事が胸に染みてきます・・・

とおっしゃられていました・・・送る御方 送られる御方それぞれの感謝の想いが

数日間で決まるのが葬儀式というもの・・・

そんな一生に一度の大切なセレモニーをご縁があり担当させていただく・・・という

責任を痛感し心より送らせていただきます・・・          合掌

 

 

平安会館   文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当  福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする

こんなにも切なくこんなにも寂しくなるなんて・・・

思ってもない別れに正直 現実を受け止められません・・・でも

今言えるのは本当に大好きだったよ・・・ありがとうね・・・

お父さん・・・そんな言葉を昨日からずっと主人の亡き身体に問いかけるように

話しかけているんです・・・と喪主様である奥様は打ち合わせが終わったあとで

担当の私に伝えていただきました。

ベッドがあるにもかかわかず一晩中添い寝をされていたそうです・・・

九州から出てこられて愛知の地で出会い二人のご子息にも恵まれて家庭を守りぬいて

くれた・・・と喪主様が伝えてくれました・・・どんなことでも笑顔で切り抜けて

本当に器も大きい御方だったそうです・・・

家族だけで送って欲しいと遺言で残され家族と親族でずっとお柩を囲むように

送るとっても暖かいお式だったと親族の方からおっしゃっていただきました。

最後は大好きな饅頭を食べさせてあげたかったな・・・と言う思いをくませて

いただき・・・お柩に納めさせていただきました・・・

その御方だけのかけがえのないセレモニー心を込めて

送らせていただきます・・・        合掌

 

平安会館   家族葬の結家 文十鳳凰殿

担当    福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 8