お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

井手 和美の記事

お散歩が好きなおばあちゃんがいました。

そのおばあちゃんは海が見える高台のお家に住んでいました。

優しいご主人と結婚して、子供を育て、おばあちゃんになりました。

おばあちゃんの日課は、高台のお家からゆるい坂をゆっくりゆっくり降りて行って

静かな海岸沿いを海の香り 風の音 綺麗な空を感じながら歩く事。

それと片手にはしっかり『写ルンです』を持って、道端に咲く花などを撮る事。

そして家族の待つお家にまたゆっくりゆっくり坂を上って帰ることでした。

おばあちゃんが好きだった海岸に行ってみました。

本当に素敵なところでした。

この景色の中、カメラを片手に歩くおばあちゃんに出会えるような気がしました。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

井手 和美

井手 和美 コメントなし    コメントをする

とてもやさしく美しい色彩。

やわらかくて繊細な線。

故人様が残された1冊のスケッチブック。

一目見ただけで心奪われました。

特に色使いが私はとても好きです。

この寺院の屋根も細かく描写されていて見とれてしまいます。

観察眼が素晴らしい。

故人様は長年、市役所でお勤めになり定年退職をされてから

取り組まれたのが絵の教室だったそうです。

そこでお仲間ができたり、お出かけされたりして

ご家族はいい趣味ができて良かったねとお話されていたそうです。

だれもが、故人様のことを、とても優しくて、穏やかで朗らかで。

とおっしゃる方でした。

お帰りになる際に奥様が一言

「ほんと寂しくなっちゃう。本当にいい人だったから・・・」

とぽつりとおっしゃるくらい夫婦仲睦まじく、

共に写るお写真の多いこと。

そういうお人柄がすべてこの絵に込められて、

観る人の心に温かく残る作品になっているのだと思いました。

お仲間やご家族、ご夫婦のお写真を集めて作られた

スライドショーに何作品かお入れさせていただきました。

また続きを書けるように、このスケッチブックは

お棺の中にお納めになったのでもう実物を観ることは叶いませんが

ほんの1部をここでご紹介させていただきます。

素敵な作品と出会えることができてうれしかったです。

ありがとうございました。

ご家族皆様どうかお体ご自愛下さい。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

井手 和美

お通夜・ご葬儀の様子, 井手 和美 コメントなし    コメントをする

突然、家族は大切な人の死を知ることになりました・・・

音楽が大好き。なかでもギターは特に。

仲間とバンドでハマショーこと浜田省吾さんの楽曲を演奏するのが生き甲斐。

ご家族は突然の深い悲しみと向き合いながら、それでも、

「にぎやかなのが大好きだった彼の最期らしく送ってあげたいけどできますか?」

もちろんです!!

祭壇やロビーに大切にしていたギターを飾り、ご家族だけではなく、

バンド仲間もみんなコロナの中来たいと言ってくれているとのことで、

通夜の夜は仲間と大好きだった酒盛りをして、ハマショーの音楽をガンガンにかけて。

ギターも思い思いに弾いてもらって・・・

とってもとってもにぎやかな最期の夜を過ごされました。

お別れの時も、ご出棺の時もお仲間と息子さんが選んでくれた楽曲をガンガンにかけて。

こんな素敵な『仲間葬』一番喜んでいるのは故人様ですね。

ご家族も、突然だったけどこんなに仲間たちが集まってきてくれてにぎやかに送ることが

できて良かった。とホッとされたように呟いておられました。

その呟きがとても嬉しかったです。

お手伝いさせていただきありがとうございました。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

井手 和美

お通夜・ご葬儀の様子, 井手 和美 コメントなし    コメントをする

どこかのCMソングでこんな歌詞があったような・・・

2020年7月18日。

その日休日をいただいていた私はテレビを見てびっくりしました。

誰からも「優しくて、真面目で、いつもくしゃっとした笑顔で人懐っこい俳優さん」

と言われた方が自ら命を・・・

とてもとても考えさせられました。

正直ファンと呼べる程彼を知ってもいませんでしたが

悲しく、切なく、息苦しさをおぼえました。

 

私はこの仕事をつうじていろんな人生に出逢います。

私とは生きてる場所も年代も何もかも違う方の人生を、最期を、知りたくさんの事を

教えていただきます。

おひとりおひとりに生きる道があり、生きてきた「いのち」があります。

とっても大切なひとつのいのちです。

 

今、この世の中で私ができることを考えさせられました。

今はみんなで周りの人の命を大切にしよう。

うつらない、うつさないように。

大切な人、そして近くにいる知らない人の命を守るために自分が今できることをしよう。

みんなで守ろう。

仕事でもプライベートでも・・・

 

平安会館 家族葬の結家

井手 和美

井手 和美 コメントなし    コメントをする

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、皆様はどのようにお過ごしですか?

私はふと調べてみたくなった事があって調べてみました。

ローズの和名は『薔薇』

ではカーネーションは??

答えは『麝香撫子』じゃこうなでしこ。

花言葉は日本でも外国でも同じ認識で、赤は「母への愛」白は「純粋な愛」。

アメリカでは亡くなった母親に白いカーネションを供える方もいるそうです。

薔薇もですが、麝香撫子も今とても多くの色がありますね。

仕事柄おでかけしてても自然と花が目に入るので多彩な花に癒されています。

平安会館では、バラとカーネーションの花束を準備致しております。

花言葉や本数にご家族の想いをのせて、故人様に最後の花束を贈ってみませんか?

癒しをご家族様の手で故人様に・・・。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当 井手 和美

その他, 井手 和美, 未分類 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7