お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

太田 邦尋の記事

厳しくも仕事熱心で、懸命に家族を支えた父

何事も自分で丁寧にこなす、しっかり者だった母

今年の1月にお父様を送られ、その半年後、お母様のご葬儀となりました。

ご縁をいただき、そんな古き良き夫婦の形を歩んでこられたお二人の葬儀をお手伝いさせていただきました。

 

いつも仲が良かったから・・・と、お母様のお近くにお父様のご遺影を飾られた喪主様

私からも、お二人の仲を表すようなメッセージボードをご用意させていただき、ご家族の皆様からは「これからも2人で天国で仲良くしてね」とお母様のお好きだったものと共にお供えしていただきました。

ご家族の皆様の想いは届き、きっと手を取りあって、これからも過ごしていることと思います。

 

平安会館 安城斎場

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

太田 邦尋

お通夜・ご葬儀の様子, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

『大切な人と、いつまでも一緒にいたい』

そんな想いをカタチにできる【手元供養】をご紹介いたします。

手元供養は、核家族化や生活スタイルの変化にともない、従来の仏壇・お墓に加え、新しい供養として近年、注目を集めています。

弊社でも、さまざまな住宅事情に対応できるミニ仏壇や

大切な故人様のご遺骨やご遺灰を納めて、身近に置くことのできるミニ骨壺など

ひとりひとりの想いに寄り添った供養のカタチをご案内しています。

 

「嫁ぎ先で実母の供養がしたい」「高齢になりお墓参りに行けなくなった」

「マンションなので従来の仏壇を置く場所がない」など

手元供養のニーズが高まる昨今、弊社では今だけの特別価格でご紹介をさせていただいています

是非この機会に、お気軽にお問い合わせください。

文十鳳凰殿(西尾市・碧南市)

平安会館 (岡崎市・豊田市・刈谷市・安城市・高浜市)

家族葬の結家 (岡崎市・豊田市・安城市・碧南市)

 

その他, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

みなさん、こんにちは。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は、今年の2月に平安会館としてリニューアルオープンした

高浜市青木町にあります、『平安会館 サライ青木斎場』をご紹介させていただきます。

式場は従来の白木祭壇から、デザインウォールが特徴的な花祭壇をメインがメインとなる式場に生まれ変わりました。

写真のように故人様をご家族の方で囲み、暖かな家族葬にぴったりの式場となっています。

親族控室には寛ぎのベッドルームを完備し、ゆっくりと故人様との想い出を語り合えるリビングルームとなっています。

もちろん、お付き添いの疲れを癒すバスルームもご用意しております。

そして、同じく高浜市神明町にあります。

サライ神明会館も『平安会館 サライ神明斎場』として、生まれ変わります。

リニューアルオープンは2020年夏ごろを予定。

こちらも、一般葬はもちもん家族葬まで幅広くご利用いただける、ご家族の皆様が和やかにくつろげる空間を重視してリニューアルいたします。

ぜひご期待ください。

高浜市 平安会館 サライ

【家族葬の結家】【文十鳳凰殿】

 

平安会館 家族葬の結家 文十鳳凰殿

担当 太田 邦尋

その他, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

今般の新型コロナウイルス感染症の対策について、厚生労働省の指導に基づき、お客様及びスタッフの安心、安全のため、マスクの着用やアルコール消毒液の設置、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒など様々な対策を行っています。

その中でも、『密閉・密集・密接』の【三密】を防ぐ対策として「安心お急ぎ焼香スタイル」のご提案をしております。

葬儀においては、大勢の人が集まる場所となり、不安に感じる方も多くいらっしゃると思います。

この「安心お急ぎ焼香スタイル」は、従来の式の開式時間に合わせて集まるスタイルではなく、開式前に自由に焼香やお別れをしていただける空間をご用意するスタイルです。

これにより【三密】を防ぐだけでなく、式の時間はご挨拶や接待に追われることなく、最愛の方との最後のお別れをゆっくりと過ごすことができます。

連日の報道を見ていますと、まだまだ油断のできない日々が続くかと思います。少しでも安心して最後のお別れをしていただけるように、今後も様々な対策・対応に努めてまいります。

文十鳳凰殿・平安会館・家族葬の結家

太田邦尋

その他, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 矢田斎場でお手伝いをさせていただいた

ご葬儀です。

ご家族だけでなく、親戚の方とのご縁も大切にされてきた故人様。

ご遺影の横には、頂いた折鶴を飾らせていただきました。

中日ドラゴンズの大ファンだったと、お柩の中にはユニフォームや

ドラゴンズのタオルを納められ、

かの地からもドラゴンズの応援をしていただきたいと、

レプリカの観戦チケットをご用意し、メッセージカードや

お孫様の書かれた似顔絵とともにお柩へ納めていただきました。

 

ご家族の方をはじめ、故人様を慕われる、多くの

ご親族様と2日間ご一緒させていただき、お手伝いが

できたご縁に感謝しております。

ありがとうございました。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 太田 邦尋

お通夜・ご葬儀の様子, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 8