お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

父は生前に 私だけの葬送の儀式にしてくれ 無宗教で送って欲しい、

兎に角、オリジナルな形にして欲しいと聞いています・・・と喪主様

はお話しをしてくれましたが、どういう形でお別れの会を・・・という

どうしたらいいのかが全くわからないと担当の私にお話しをしてくれました。

そういう場合はまず故人様の人となりを熟知して色々と提案をしてあげる

事が大切です。但し選択肢が多ければ多い程迷ってしまいます。そういう時

は今までの経験をもとにそのお方に最も相応しい葬送の会を提案する事に

しています。故人様はある大学の学長まで歴任された方で色々な功績も残され

ており兎に角もの静かで研究熱心で決して信念を曲げずかと言って聞く耳は

必ず持っていて誰からも慕われていたそうです。

色々な思い出のお品を飾らせていただき、参列の方々に偲んでもらいました・・・

祭壇は故人様がお好きだった色等をお聞きしてその方だけのこの世界で一つしか

ない祭壇をお作りさせていただきました。

故人様の年齢と同じ数の蝋燭を灯して葬送の時を迎えます・・・

お別れの会は時折、故人様のお好きだった音楽をハープで奏で

静かに時を過ごします・・・

献花も静かにそして厳かに進み

ご友人、同僚、お孫様のお別れの言葉もいただき

最後はお別れ・・・そのお方らしい熱く情熱的な

素晴らしいお別れの会だったと参列の方々から言っていただいたと

ご家族様からお聞きして・・・喪主様はお父様に

親父 最後の親孝行はどうだった・・・

満足か・・・と お帰りになる時にお父様のお写真を眺めながらお話しを

してらっしゃいました・・・

 

文十鳳凰殿  平安会館

担当 福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする