お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

明日から迎える師走。令和元年が始まって、あっという間に次の年の準備を始めなくてはならない印象です。突然グッと冷え込みの強くなった数日。寒暖差アレルギーという言葉が、かなり一般的になってきたと思うほど、体が付いてこないほど。皆様ご自愛くださいませ。

↑ ↑ クリックすると大きくなります ↑ ↑

さて、私たちは常に、共に大切なお手伝いのできる仲間を探しています。新しい年を迎えた時、新しい自分に出会ってみませんか?

性別・年齢は問いません。まずは何事もお電話にてお問い合わせください。
電話 0120-565-542

「ありがとう」をお仕事にしてみませんか?
文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 家族葬の結家 スタッフ一同

お通夜・ご葬儀の様子, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

昨日は、今秋初めて暖房を付けてしまう程

寒い日でした。

皆様は、もう暖房は付けてみえますか?

 

さて・・・

当社では、各会館にこんな物のご用意を

させて頂いております。

折り紙とお花紙。

皆様には、大切な故人様へ生花を手向けて

頂きますが、皆様よりお気持ちを込めて

故人様へ作って頂くお花や、メッセージを

届けて頂けたらとの思いでご用意させて頂いております。

実際に、ご家族、ご親族様が

大切な故人様へ、お気持ちを込め

作って頂いたお花です。

1色で作られたり、お写真の様に

カラフルなお色味で作られたり。

想いのこもったお花は、一際温かく綺麗に

見えます。きっと故人様も喜んで下さるはず…

 

もちろんご家族、ご親族様でなくても

会葬頂いたお方、どなた様でも大切な方へ

想いを込め作って頂けます。

最期に自身の手で大切な方を想って作ったお花を

届けて差し上げませんか・・・?

どうぞ、いつでもお気軽にスタッフへ

お声掛け下さいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 サライ 家族葬結家

榊原 裕子

 

 

 

その他, 榊原 裕子 コメントなし    コメントをする

平安会館ちごの口 土橋斎場にて

ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

通夜・葬儀式は、家族葬で執り行いましたが、

とても立派なお花飾りの祭壇は、ご家族の皆様が

事前相談をされた時から決められてたそうです。

式場改装にともない、白木祭壇から洋風の祭壇に

変更し、故人様の好きな紫色の洋花を中心に飾らせて

いただいた祭壇。

白木祭壇のカタログしか見ていなかったご家族の皆様にも

気に入っていただきました.

式場入口に飾らせていただいたご夫婦で

ゴルフを楽しんでいるお写真やご家族の皆様の

話しから、とても仲睦まじいご夫婦だったことが

とても伝わりました。

開式前、スクリーンにて想い出のお写真を

流させていただきました。

出棺前、最後に故人様が飲みたがっていた

ビールを皆様でお口に含ませていただき、

ご遺族の皆様が「これで、やってあげたかった事

全部できたね」とお話しされていて

家族みんなで、故人様をおくろうと考えてこられた事が

できたなら、ほんとうによかったです。

ご家族の皆様お手伝いさせていただきました

2日間大変お世話になりました。

時節柄、お身体ご慈愛くださいませ。

 

平安会館 ちごの口土橋斎場 家族葬の結家

担当 中野 吏

お通夜・ご葬儀の様子, 中野 吏 コメントなし    コメントをする

心に裏表がなく大らかで朗らかなお方のお見送りを文十鳳凰殿 矢田斎場にてお手伝いをさせて頂きました。

人と話すことが大好きだった故人様。心に垣根を作らず誰とでも打ち解けて行く先々でおしゃべりの花を咲かせていた光景が懐かしく思い出されます。人とのふれあいを楽しみ日々を豊かに生きてきたお方でした。

今ほど便利でなかった時代を重ねたご苦労は 計り知れませんが、我が子の前では愚痴も泣き言もこぼすことはなかったとか…。怒られた記憶などほとんどなく瞼に浮かぶのは笑ったお顔ばかりです。とお子様方はふり返ります。

ご家族様方が故人様のお好きなお品をご用意されましたので、少し手を入れさせて頂きお供えさせて頂きました。

温厚でありながら芯の強さも合わせ持ち働き者でした故人様。ご主人と家庭を築き夫婦二人三脚で暮らしを守ってくれました。家のことをしながら子供達を育て夫と共に家業に励む日々。たまの息抜きはお家でのカラオケ。夫婦仲良く自宅で好きな歌を…。ご主人様の分もお持ちください…お花で作らせて頂いたマイクを。

淋しさはつのるけれど向かう先では最愛のご主人様が待っています。もう一度夫婦寄り添い穏やかな時を過ごしてくれると信じて去りゆく背中を見送ります。

紡いだ想い出を抱きしめて明日へ向かって一歩を踏み出す人々を笑ってそこから見ていてください。いつかまた会える日まで。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。お疲れが出ません様にどうぞお体にはご自愛くださいませ。

【 西尾市葬儀 家族葬 】

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

日毎に寒さが増す気候になり、冬支度を進める方も多いのでは

ないでしょうか。

そして、気が気付けば、今年も残り1ヶ月と少しになりました。

この時期になると、喪主を務めた方は、すぐに喪中はがきの準備も必要となり、

いつも以上に忙しくなってしまいます。

そんな忙しさを少しでも軽減できるように弊社ではご葬儀に使う

会葬礼状に『喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます』と

一文を追加して作成しております。

少しでも喪主をはじめとするご遺族の方の負担が軽減できるような

取り組みを、今後も進めてまいります。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 太田 邦尋

 

 

その他, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6