お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

豊田市の「平安会館 藤岡さとび斎場」で行われたお葬儀です。

激動の世をくぐり抜けた世代の故人様は、ものを大事にされ大切に使い続けてこられました。

くしくも、ご逝去の日が故人様のお誕生日でもあられました・・・

ささやかながら、弊社の女性スタッフが故人様へと手作りのカップケーキを用意し、喪主様より火を灯していただき、好物のあんぱんといっしょに枕元へとお供えをさせていただきました。

家族の心のよりどころであり続けた故人様へ、「この先は、何も心配せずゆっくり休んでください・・」ゆく背に「ありがとう」そして「お疲れ様」と、喪主様がお言葉を贈られました。

  どうぞ、ゆっくりお休み下さいと、皆で願いお見送りしたしました。
  故人様のご冥福を心からお祈り申しあげます。   

 

 

平安会館 家族葬の結家 文十鳳凰殿

担当 初山 靖德

お通夜・ご葬儀の様子, 初山 靖徳 コメントなし    コメントをする

晩春の候、碧南市にあります葬儀会館 文十鳳凰殿 碧南斎場にて家族葬のお手伝いをさせていただきました。

駐車場の一角には芝桜がお出迎えをしてくれていました。

祭壇にも可愛らしい花々がお出迎えをしてくれていました。

家族葬で執り行われた式。大人しい性格ではありましたが、頑固な面もあり自分の信念を貫き通し、家族の道しるべになってくれておられた故人様。「ありがとう」の気持ちを込めて合掌です。

たくさんのお花と是非入れてあげたいお好きな物もご一緒に手向けていただきました。

ご出棺です。心地よい風が彼の地へ向かう故人様の道しるべのように感じました。

皆様方には大変お世話になりました。お身体ご自愛下さいませ。

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当者 小林 孝教【左側】

お通夜・ご葬儀の様子, 家族葬, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする

 

皆様。

ご自分の家族のことを、どれくらい知っていますか?

 

 

お打合せに伺うと、

「あー、何が好きだったっけ?」

「好きな色?」

「どんな曲聴いてったっけ…?」

 

といった会話をよく耳にします。

 

また、離れて暮らしている方々程、

「最期に何もしてやれなかった」と後悔されているのをお見掛けします。

 

 

せめて最期に、ご遺影の背景の色を故人様のお好きだった色に。

祭壇のお花をお好きだった色に。

そして、故人様がよく聴いていらっしゃった曲を式場のBGMにしたり、ご出棺時に流してあげたり。

 

少しでも故人様の事を知っているだけで最期にしてあげられることは沢山あります。

 

 

大切な家族が亡くなってしまった時、少しでも何かしてあげられるよう、家族の事を知ってみませんか?

 

 

今はステイホーム、お家時間など、外出を自粛している世の中です。

お家で出来る事の中に、

『家族との会話』

を入れてみてください。

 

離れて暮らしている方は、一週間に一度の近況報告の電話でもいいのです。

 

家族の事を知り、自分の事を話す。

意外な発見や、共通点があるかもしれませんね。

 

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 伊藤 里帆

 

 

その他, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

通夜、葬儀も今、椅子の感覚をあけてご準備させていただいております。

お客様が「間があいててなんか寂しいね・・・」

また違うお客様は「しっかり対策してあるね。安心だ。」

「ここまでしないといけないのね・・・しょうがないけど」

様々な考え方や感じ方があります。

私たちは粛々とできるだけの対策をして『何事もなくどうか皆様が無事に。』

と心から願いながら、日々お手伝いをさせていただいています。

席が離れていても、優しさとあたたかさを感じるお式になるように。

是非大切な人を送るお手伝いをこういう時だからこそ

平安会館の私達に安心してお任せください。

 

 

平安会館  文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当 井手 和美

お通夜・ご葬儀の様子, 井手 和美 コメントなし    コメントをする

桜が散り急ぐ今月中旬、西尾市にございます文十鳳凰殿 幡豆斎場にてお通夜、ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

コロナウイルスで自粛、自粛と騒がれております中、家族葬でのお式になり奥様もお子様方も「こんな時だでしょうがないよね・・・」と少しお淋しそうに言っておられました。

祭壇のご様子です。

式場内も椅子の間隔を開けて座っていただきました。

式辞の始まりにあたり、それぞれの想いを一筋の灯に込め奥様よりご祭壇へお灯し致しますお光を頂き・・・

献灯!!


ご導師、各ご寺院をお迎えいたしまして開式です。

式中のご様子です。

お寺様のお勤めも終わり、喪主様よりご参列いただいた皆様へお礼のご挨拶です。

突然亡くなられた故人様に皆様声を掛けられながら一輪一輪に思いを込めお棺を飾られ・・・

とにかくお肉がお好きだったと伺いましたのでお式が始まる前に牛と豚の焼肉を作り、お供えさせていただいた物をかの地に持って行っていただきましょう。

そして、いつも飲まれていたビールもお口元に・・・

末期のビールです。

皆様方の手によってお棺の蓋をお閉じいただきました。

サガンの儀!

ご家族、ご親族の皆様に見守っていただいてのご出棺。

涙雨の降りしきる中火葬場へと向かう皆様をお見送りさせていただきました。

ご自宅にてご長女様とのツーショットを喪主様に撮っていただきました。

ご家族の皆様には2日間の短いお付き合いでしたが大変お世話になりました。このようなご時世ではございますが、何卒お疲れが出ませんようお体ご自愛くださいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 清野 孝子

お通夜・ご葬儀の様子, その他, 家族葬, 清野 孝子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6