お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

先日、文十鳳凰殿 碧南斎場にてご葬儀の担当をさせて頂きました。

ご遺族の皆様は、親族だけでゆっくりと送ってあげたいという気持ちから家族葬をご希望でした。

喪主様、故人の奥様は特に熱心に通夜・葬儀に取り組まれていらっしゃいました。

ご親族様以外にもたくさんの弔問の方々が会葬にみえて、喪主様は改めてお父様の偉大さを知り、感動されていました。

こういう仕事に携わっていると亡くなってから改めて故人の顔の広さや、慕われ具合を知ったということをよく聞きます。

喪主様をはじめ、親族の皆様には大変お世話になりました。

故人様のご冥福を心からお祈り申し上げます。

文十鳳凰殿 碧南斎場

担当 細川 健太郎

未分類 コメントなし    コメントをする

火葬場から戻られ初七日のお勤めも終わり ご自宅にて後飾りを組ませて頂いている時

「紙がいっぱいでね~ お骨が拾いにくかったよ」

と おっしゃられた喪主様

故人様が大好きだった歌手のポスター

お棺の中にどうしても持たせて差し上げたいと 特大の物だったのでご納棺時 お布団の下へ 抱かれるように敷いてさしあげました

そのポスター一枚をいれただけなのに

挟み慣れないご収骨の長いお箸で 一生懸命挟んだら ホロホロと・・・「「それは・・紙ですね・・」と火葬場の担当の方に言われてしまって なかなかお骨が挟めなくて苦労したよ」

 

なぜ 紙が燃えないのか

火葬炉の温度は800~1200度

でも粉になってしまうことはありません

本は本のまま 千羽鶴を入れたら鶴の形のまま 残ります

なので ご収骨の時 紙なのかお骨なのか 触ってみないと分からず お骨のみ挟もうとするのが大変になってきます

 

おやじの時は全部燃えてた!!

そう・・・ 24年前岡崎市の火葬場はまだ古い火葬場 市役所の職員さんが 火葬のお仕事をされていた時代です

その時(厳密に言うと4年前まで)お棺の中に入れられたもの 副葬品というのですが ご遺族がご収骨をされる前に全て取り除いて下さっていました  でも今 新しい火葬場になって丸4年 火葬炉の種類も異なる為 副葬品を一切取り除くことができなくなり 入れたものがそのままお骨と一緒になって  という形に変わったからです

お骨を綺麗に拾って差し上げたいと思われるなら

お棺の中に一緒に持たせてあげるものは 最小限にしたほうが良いですね

 

平安会館 ソサイエ大平 縁 本宿 家族葬の結家

担当 藤原 恵美

 

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

家族葬別邸 結家碧南にてお葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

ご葬家さまのご希望は、家族だけでお送りするゆったりとした暖かなお式。

お通夜・お葬儀と2日間、お子さまとお孫さまを中心としたお式を執り行いました。

祭壇は、お好きだったというお色のお花を使った洋花のお飾りです。

故人さま、お祭りの時期やお正月など、家族がみんな集まる時には

おはぎやお赤飯をたくさん準備して待っていてくれたそうです。

そのご尊前に、おはぎをお供えしてくださっていました。

おつとめの様子でございます。

最後には、お淋しくならないよう、お棺にたくさんのお花と

お供えくださっていたおはぎをお納めいただきました。

そしてご出棺…お見送りをいたしました。

ご家族さまには大変お世話になりました。

お疲れがでませんよう、ご自愛くださいませ。

家族葬の結家 碧南

担当 久保優里香

お通夜・ご葬儀の様子, 未分類 コメントなし    コメントをする

まだ暑い、まだ暑いと続いた残暑もひと息ついて、肌寒さに驚いて衣替えを進める最近。毎年「秋」という季節は驚くほど速く過ぎ去って、あれよあれよという間に年末がやっててきてしまいます。そんな慌しい中、「あっ、そういえば!」そんなことが無いように。年忌のご予約などは、お早めにお済ませくださいませ。

こちらは西尾市役所からほど近く。文十鳳凰殿西尾中央斎場にて、ご法要専用の会館を設けております。

2種類ある式場はどちらも椅子のお席でご用意を。

10名程からご予約を承っております。

その場で揚げたての天ぷらに、選んでいただくプランによっては、お鍋などのご用意も。温かいものは温かく、 お身体に優しいご準備を心がけております。

まだいいかな、もう準備しないといけないかな、そう思った時が準備の時。西尾市、碧南市、岡崎市、安城市、刈谷市、豊田市にて、24時間いつでもお手伝いをお待ちしております。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 古橋 春奈

その他, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

9月下旬、西尾市にございます文十鳳凰殿 幡豆斎場にてお通夜、ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

ご祭壇のご様子です。

式事の始まりにあたり、ご祭壇にお灯しいたしますお光の種火を喪主を務められます奥様よりいただきます。

お剃刀の儀!

式中、弔辞をお2人よりいただきました。

ご会葬の皆様方へ、喪主様よりお礼のご挨拶です。

故人様のお身体は検体の為、お骨がご自宅に戻られるのは約1年半位後になるとの事で、お花のお別れ前に髪の毛を切って分骨用の骨壺に入れていただきました。

お花のお別れです。

ご会葬いただきましたお仲間の皆様方のお力をお借りしまして、霊柩車へ・・・

ご自宅にて喪主様とのツーショットです。

海苔養殖の収穫作業に使う海苔摘み機を開発され特許を取る等、機械設計がお好きでいらした故人様。ご夫婦そろって検体にご登録され会の幡豆支部の代表もされていたそうです。明日で四七日目ですが、お手続き等終わられましたでしょうか?分からない事がありましたらいつでもご連絡下さいませ。

2日間の短いお付き合いでしたが大変お世話になりました。これから寒くなる一方ですがお身体にはお気をつけ下さい。

文十鳳凰殿 平安会館 幡豆斎場

担当 清野孝子

お通夜・ご葬儀の様子, 清野 孝子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7 350