お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

お葬儀をする…ということになった時、多くの方が気にされるのが祭壇飾り。

当社でも家族葬専用の祭壇から、昔ながらの白木の祭壇を使ったものまで

ご家族様のご希望に添えるよう、様々な種類のものを常に準備できるように努めています。

同じ種類の祭壇でも、お花の色や種類を変え、故人さまの雰囲気に合うように

真心こめて祭壇の作成に励んでいます。

「このお花が好きだった」「この色が好きだった」とぜひお伝えください。

お花は季節によるものもございますが、できるだけのことはお手伝いいたします!

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬別邸~結家~

担当 久保 優里香

その他, 久保 優里香 コメントなし    コメントをする

 

働き者で、ご家族を長年支え続けてくれた、立派なお父様のご葬儀を

文十鳳凰殿 平安会館 一色斎場にて、お手伝いさせて頂きました。

故人様を偲び、ご町内やご友人の皆様がご参列くださいました。

祭壇には、男性らしい青色のお花と、夏らしい向日葵を飾らせて頂きました。

祭壇横には、ご友人の方が飾って欲しいと持って来てくださった掛け軸がございます。

そちらに描かれているのは「南無阿弥彌陀仏」というお言葉。

どうぞ安らかに、お浄土へ旅立ってほしいという願いが込められているのでしょうか。

 

故人様はご家族を支えるため、さまざまな仕事をされたとうかがいました。

その中では苦労することもおありでしたでしょうが、持ち前の強さで乗り越えられてきたそうです。

その一方、穏やかで、人を思いやるやさしさも忘れなかった故人様。

そんな立派なお父様を亡くされた悲しみは尽きることはないと存じますが、

これまで頑張ってこられた分、これからは安らかに過ごしてほしいと願い、いまはただ両手を合わせます。

 

ご家族の皆様には、その節は本当にお世話になりました。

有難うございました。

暑い季節が続きます。どうぞ、ご自愛くださいませ。

 

文十鳳凰殿  平安会館  一色斎場

担当 古澤 杏奈

お通夜・ご葬儀の様子, 古澤 杏奈 コメントなし    コメントをする

「お葬儀」というものがどんな物であるのか。言葉ひとつとっても正解はなく、何をしてよくて、何はだめなのか。その答えはきっと、細かな部分までみれば、十人十色。そんな中で、大切な方をお送られる、ご家族やご参列の皆様のお力を借りた施行を、これまでいくつかお手伝いしてきました。毎回できる訳ではありません。その場、その皆様、その想いがあったから、できたこと。

あともう少し先だった誕生日。おはぎケーキを食べるのが夢だったおじいちゃんへ。

通夜の日、かわいいお孫さんが奮闘されました。

何より家族と写真が好き! 家族葬だからこそできた…

ご親族ならだれもが納得するご祭壇は、世界でここに一つだけでした。

突然のお別れ…少しでも声を、想いを届けたいご参列の皆様による、寄せ書きのふせんは、ご家族の手でお棺へ。

生前、高齢だった故人様が折られたたくさんの折鶴たち。大切にご家族の手で、お棺の中、皺だらけの愛おしい故人様のお手元へはばたかせました。

音楽に触れたご家族、生演奏の、音楽葬。

大切な方を送る、正解は、毎回違います。ご趣味のお品をお飾りするのは、残された皆様で、想いを共有したいから。お好きだったお酒をお口に運ぶのは、少しでも「いつも」のことをしてあげたいから。

桜の咲く季節には、花見酒なんて、いいかもしれません。

大切なあなたが、少しでも喜んでくれるように。残された私たちが、少しでもあなたに想いを届けられるように。毎日のお手伝いに、繰り返しはありません。

 

文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 家族葬別邸~結家~

担当  古橋 春奈

お通夜・ご葬儀の様子, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

寺院様ご家族様のお葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

通常の通夜・葬儀の流れとは少し異なりますが、送られる気持ちは一緒でございます。各方面から寺院様が集まり、読経の唱和も迫力がございました。

予想よりも沢山の方々がお集まり下さり、テント内には収まりませんでしたが、皆様にご焼香へと進んで頂いたお通夜でございました。

葬儀の様子でございます。専用の祭壇を準備し、お名残勤行~出棺勤行~葬場勤行・・・と寺院様の進行のもと、厳粛に式が進行されました。

各寺院様方やお手伝いのご町内様がとても優しく接して頂き、無事に送る事が出来ました。天候も心配ではありましたが、この時は両日とも雨に降られる事もなく、沢山のお別れに来て頂いた方々を見ると、故人様の人徳を感じさせられました。合掌された先に込めた皆様の感謝の気持ちもきっと届いた事でしょう。

お手伝い出来た事、ご縁に感謝し、私も合掌で見送らせて頂きました。

文十鳳凰殿 平安会館

担当者 小林 孝教

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする

弊社 株式会社クロトのビジョンは『みんなで日本一の会社をつくります』

そしてバリューは、私達の会社は『世界でいちばん、人を大切にする会社』です。

それは、お客様はもちろん家族、スタッフ、お取引先様へも同じです。

 

お葬儀のお手伝いをさせて頂くにあたり我々社員だけではなく、パートスタッフさんにも沢山お力を借りてお手伝いさせて頂いております。パートスタッフさんがいて下さるからこそそれ以外の所に我々社員が目を配る事が出来ます。

そんなパートスタッフさんへ、日々の感謝を伝えるべく当社では毎年パートスタッフ様への謝恩会を開催しています。

 

先日も当社の三河安城にあります結婚式場「フェリシアコート」にて行われました☆

お出迎えから始まります。

立食にてのパーティー。

司会進行~全て社員が段取り行います。

ビンゴゲームや抽選会等、沢山の景品が

パートスタッフさん方の手に。。。

そして・・・何よりのメインイベント!!!男性社員と女性社員とで、それぞれ余興をしてパートスタッフさんを毎年オ・モ・テ・ナ・シ☆この時間が1番盛り上がる時間です。この時の為に、社員は限られた少ない時間の中仕事終わりや休日に練習をしてきました。パートスタッフさんに喜んで頂きたくて感謝を伝えたくて..

最後に、社員皆でアーチを組みお見送り!パートスタッフさん1人1人に、お花と仕事の必需品、ストッキングをプレゼント。。。

 

日々の生活の中で、つい当たり前になってしまっている事当たり前ではなく、常に感謝の心を忘れず、そしてそれをちゃんと伝える事。人を大切にする事は、自身も嬉しくなるものです!

これからも、スタッフ仲良くお客様をはじめ、沢山の方に笑顔をお届出来るよう務めて参ります!!!!

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬別邸~結家~

担当 榊原 裕子

その他, 榊原 裕子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7 339