愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「平安会館」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「平安会館」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

最後もそばに…

日差しの温かさを感じられるようになってまいりました

皆様いかがお過ごしでしょうか

 

皆様のお葬儀をお手伝いする中で

気になることがございました

それは、葬儀の日の式の流れと

お花を入れていただく時についてです

流れが分からない方が多くいらっしゃって

不安に思われている場合もあると思いました

 

まずは、お葬儀開式となりましたら

お寺様、宮司様などに入っていただき

お勤めをいただきます

その後、お別れのご準備をさせてもらい

お花でのお別れをして頂きます

ここでお花や、棺に入れて差し上げたいものを

入れてもらいます

 

その時、お花を1度入れたらお席に戻られる方が

ほとんどです.......

棺の蓋を開けて、亡くなられた大切な方に

触れられるのはこのタイミングが最後です

良ければ、傍にいてあげて欲しいと思います

きっと、「座らなければならない」や

「どこにいればいいのか?」などを気にして

座ってしまわれるのかと思います

特に今は家族葬が増え近しい親族しかいないのですから

ぜひ大切な方の近くにいてあげてください

 

お花も、1度しか入れてはいけないルールはございません

2度でも3度でも、お顔元に限らず胸元にも

お花を入れてあげてください

お別れは、皆様と大切な方のお時間なのです

良ければ、かしこまりすぎないで

最後のお別れを過ごしていただきたいと願います

 

文十鳳凰殿 平安会館 登地