お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

平安会館 ちごの口 藤岡さとび斎場にて、ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

祭壇の中央には、帽子をかぶり、笑顔を浮かべた故人様がいらっしゃいます。

遺影用にご自分で用意されていたお写真だそうです。

お写真のお姿からも伝わってくる、温かなお人柄…

どなたにも分け隔てなく接する、優しい方でいらしたそうです。

御年78歳から始められたという、趣味の切り絵…

作品の一部を式場に飾らせていただきました。

どの作品も趣味とは思えないほどの出来栄えに、スタッフ一同驚いていると

切り絵で賞を三度受賞されていらしたとか…

すばらしいとしか言いようがありません。

ご参列の方も皆様まじまじとご覧になっていらっしゃいました。

 

人々に親しまれているキャラクターということで、ディズニーの切り絵を作ることが

多かったという故人様。

可愛がっていらした孫娘様とともに、ディズニーの切り絵をテレビで紹介したことも

あるそうです。

そちらの映像は開式前にスライドショーとして皆様にご覧いただきました。

切り絵だけではなく、彫刻も趣味としていた故人様…

まるで売り物のような作品たちに皆様驚いていらっしゃいました。

 

沢山の思い出の品々に囲まれた中でのお式…

その様子をお遺影のような笑顔を浮かべて見守ってくださっていたなら

私共も幸いです。

ご家族の皆様には、本当にお世話になりまして、有難うございました。

お疲れの出ませぬよう…

 

平安会館 ちごの口 藤岡さとび斎場

担当 古澤 杏奈

お通夜・ご葬儀の様子, 古澤 杏奈 コメントなし    コメントをする

ここ2~3年の梅雨は 突然集中的に豪雨があり 本当に梅雨?というくらいでしたのに

こんなに長雨が続くのも久しぶりのような… なんだかジメジメ 嫌ですね

さて この梅雨が明けると 一気に暑い夏が到来します

今年はコロナの影響で 学校が夏休みに入るのも自治体によってさまざま・・それでも大切なご先祖様をお迎えするお盆は皆、揃われ賑やかに過ごされることではないでしょうか

7月に入りました

そのご準備を そろそろお考え下さいますよう 今日は少しご提案いたします

今年 初盆をお迎えされるお方に

お盆提灯

仏間にきちんとしたお仏壇のご用意までは・・とお考えの方に

皆が集まるリビングなどにお祀りして いつもご先祖様と一緒にいることができる

コンパクトなミニ仏壇

いろいろ数を揃えております

お考えの方は 是非一度ご連絡をお持ちしております

0120-096-927

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家 ちごの口グループ サライ

担当 藤原 恵美

 

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

ジメジメと過ごしづらい日が続きますね

そんな中、道端や畑で向日葵が咲いているのを見かけるようになりました

空に向かって大きな花を咲かせる姿を見ると、明るい気持ちになれたりするものです

当社の生花部では、祭壇や供花に様々な季節の花を取り入れております

パキッと明るい向日葵や

落ち着いた色味のリンドウ

様々な色合いのケイトウ

他にも色とりどりの新鮮なお花を

お客様のご要望にお応えできるよう、ご準備させて頂いておりますので

安心してお任せ下さい

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当   、岩瀬 健

その他 コメントなし    コメントをする

無事にお葬儀を終えられた後も、ご法要の準備や遺品の整理、

様々な手続きなど、しばらくはやることがたくさん……

その一つに「お墓の準備」があります。

先祖代々のお墓がある方ももちろんいらっしゃるかと思いますが、

これから準備しなきゃ…という方も少なくありません。

ご納骨は一般的に忌明け後に行う事が多いのですが、

忌明け後すぐに納骨しなきゃダメ!!!!!というわけではないので、

じっくり考えて頂き、故人さまやご家族さまの希望に沿った

供養の形でご納骨されるのが一番よいでしょう。

お寺や自治体が管理する霊園にお墓を建てるのが一般的?かとも思いますが、

墓守の問題や、墓仕舞いをすることを考えると…と思われる方もいらっしゃるのでは…

最近では宗派問わずの納骨堂などを持たれる寺院も増えてきているので、

そちらに依頼されたり、永代供養としてお墓を建てない選択肢も選べるようになりました。

また、木の根元に埋葬する「樹木葬」、海に遺骨を撒く「散骨」、

遺骨を宇宙に打ち上げる「宇宙葬」なんていうものも出てきました。

申込は当社、文十鳳凰殿平安会館でもできますので、

気になった方は是非お気軽にお問い合わせください。

お仏壇も同様に、大きく立派なものだけでなく、

家具調でコンパクトなサイズの物も増えてきています。

ご家族さまに一番合ったお参りの仕方をして頂く事が

ご先祖様の供養のひとつになるのでは…と思うのでした。

 

文十鳳凰殿 平安会館

久保優里香

 

 

その他, 久保 優里香 コメントなし    コメントをする

「今日も暑くなりそうですね」

通夜の朝、ご自宅の広いお庭の向こうに、青い青い空を見上げながら、ご遺族様にお声をかけさせていただきました。2年前にご葬儀のご経験があること、そしてスムーズなお打合せだった為、ご家族様も少し余裕がおありだったのかもしれません。「最期はほんとに頑張ってくれてね…」そうつぶやかれると、そこから堰を切ったように、たくさん、たくさん、教えてくださいました。広いお庭でのエピソード、お好きだったもの、ことがら、先にゆかれたご伴侶のこと、そして、故人様のご生前について…

今、故人はどんな風に人生を振り返っているのだろうか…ご会葬者様へのお礼状は、そんな内容からはじまります。山あり谷あり、それでも「良い人生だった」そう本人が思うのなら、残された私達も、そんなに嬉しいことはありません、と。

たいへんご立派なご祭壇と共に、ロビーにはお好きでいらしたものを、沢山お飾りさせていただきました。キレイなお花たちは、当日、広いご自宅のお庭で咲いたもの。

すいかは、おじいちゃんへ。みかんとりんごは、2年前に先にゆかれた、おばあちゃんへ。きっと今頃、遺されたお写真のように、満面の笑顔で、おじいちゃんをお迎えしてくれているだろうから…。

よく楽しんでいらしたという、赤玉スイートワイン。お花のお別れと共に、お口もとに運んでいただきました。

通夜はハープ、葬儀はチェロの生演奏。お好きでいらした曲と共に、お別れをされました。

「 本人の希望だったからね」

それを叶え、たくさんの方に見送られてのお別れとなりました。心から送られたご家族様に、どうぞ、おつかれのでませんように…

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

お通夜・ご葬儀の様子, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 403