お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

9月の快晴。まだ蝉がないいておりましたこの日。寺院様ご住職のお葬儀をお手伝いさせて頂きました。

各寺院様による入念な打ち合わせです。私どもも儀式をお手伝いさせて頂く立場として、その真剣な打ち合わせに心打たれました。

式次を告げる、鐘の音が響きわたります。

各寺院様十数名の読経は迫力がありました。きっと故人様もご一緒に唱えておられたのではないでしょうか。

たくさんの方々に見送られ、お浄土への旅路。合掌で見送らせて頂きました。

ご家族様・各ご寺院様には大変お世話になりました。たくさん勉強させて頂き、このご縁に感謝致します。

お疲れが出ませんように。

文十鳳凰殿

担当者 小林 孝教

 

お別れは、突然のこと…

働き盛りのご年齢と、なにより、そのお人柄から、沢山のご会葬を賜りました。

吉良斎場での、お別れのご様子です。

 

ご弔問は220名を超え…

お式場に座りきらないほどの方々がお別れ下さいました。

 

どなたも、心からお送りくださいました。

 

ソフトボールの指導者として、熱くご活躍されていた故人様…

ユニフォーム姿の教え子さん達は、お通夜の後、式場に一列に並び、

 

「ありがとうございましたッッ!!」

 

ご祭壇に向かって、深く、深く一礼されました。

その姿に…ご同席された方々の目に、熱いものが込み上げました。

 

きっと、太陽のように笑う子供たちが大好きでいらしたでしょう故人様の為に…まるで、そんな子供達の笑顔のように、明るく元気なお花たちを、ご用意させていただきました。

 

「おじいちゃん、バイバイ?」

可愛らしいお孫様たち も、一生懸命にお別れされました。

 

お仕事仲間がお持ちになったお酒をお口許へ…

 

お別れのご準備が、整いました…

 

頼もしいお力を頂いて…

 

夏を終え、一足飛びでやってきた秋の空はどこまでも淡く…ゆっくりと、ご出棺されました。

ご親族様、そしてご参列下さいました皆様に、どうぞ、お疲れの出ませんように…

 

 

 

吉良斎場     担当 古橋

 

費用をおさえ、会葬者の対応に追われることが少ないというイメージのある、「直葬」。

いわゆる普通のお葬式「一般葬」では通夜、葬儀と二日かけてホールで式を執り行いますが、

「直葬」は一日のみ、極めて近親者で送る送り方です。

家族に加えて近しい親戚が来ることが多く、通夜と葬儀がある「家族葬」よりも、さらに規模の小さいものとなります。

 

遠い親戚は呼ばず本当に近しい人だけで送りたい、費用を掛けずにお葬式がしたい、血縁は濃くないけれど自分達で送りたい…

「こんな形でも式を挙げてあげることができた」「小さいけれどお葬式、お別れができた」そのような方には直葬が選択肢の一つとなっています。

 

 

しかし、お葬式が残された人々を繋ぐものだと考えると、考え方が変わってきます。

お葬式に来てくださる方々は、みな故人様やご家族と縁のあった方です。ご会葬の方々はただお香典を出したりご焼香をしに来るのではなく、遺された家族とご縁を結びに来ているともいえます。

「亡くなってしまって、寂しくなりましたね。」

そういって受付に来てくださる人の中には、ご家族も知らなかったような繋がりの方もいるかもしれません。

おじいちゃんこんな趣味もあったんだ、お友達がいたんだ・・・

今までお付き合いのあった方々はもちろん、今まで知らなかった方々と、ご縁を結ぶことができるのです。

そう考えてみると、一般葬は規模の大きなお葬式というより、より沢山の方とご縁を結ぶことのできるご葬儀の形だと言えます。

 

 

ご葬儀のかたち、故人を偲ぶ気持ちは人それぞれです。

しかし、ご近所付き合いが希薄になり、趣味など個人的な繋がりがメインになってくる今日、ご本人しか知らなかったような繋がりの方々とのご縁を無にしてしまうこともあるかもしれません・・・

 

どのように送りたいか、改めて考えたいと思った 今日この頃でした。

(最後の写真は、先日の雨上がりに社員が撮影した虹です!

写真ではわかりにくいですが、「ファーって阿弥陀さんが出てきそうなくらい神々しかった」そうです。よく見ると二重ですね・・・!)

 

文十鳳凰殿 平安会館

晴天ですね・・・!

9月10日に、平安会館 ちごの口 猿投駅前斎場にて行われたイベントの模様をお伝えします。

すぐに長蛇の列ができてしまい、ご用意した「パンのトラのクリームパン100個」「天ぷら100食」は一時間ほどで売り切れてしまいました・・・お花も完売です、、

数量限定のため、ご迷惑をお掛けしました…。本当にたくさんの方にご来館いただき、ありがとうございました。

 

 

ホールと会食室にテーブルをならべて、事前相談などをさせていただきました。

事前相談で、お葬式についてわからない事や心配な事をお訊きいただくことで、心構えができます。

どんな規模のお葬式にしたいか、誰に連絡をしてほしいか・・・など事前にまとめておくことで、いざという時に慌てなくてすみます。

生前にご本人の希望を聞いておけば、ご家族も、そしてご本人も納得できるお式にすることができますね・・・!

 

 

お数珠や仏壇などの販売も行いました。

小ぶりの仏壇は可愛らしく、木の温かい雰囲気は見ていて和みますね。

通常はここ猿投駅前斎場にくわえ、株式会社クロト本社となりの「文十鳳凰殿なんでも相談サロン」(西尾市)でも販売を行っております。(先日ブログで紹介したサロンですね!)

現品限りとなりますが、最大半額でのご奉仕となっております。実際にご覧いただけますので、気になった方はぜひ~。

 

 

猿投駅前斎場でのお別れのイメージがわきましたでしょうか。

そろそろ考えなくちゃいけないけど、実感がわかない・・・という方も、一度イベントに遊びにいらしてください。

お茶やコーヒーを飲みながらスタッフとお話しして、少しでも疑問点や不安がなくなれば幸いです。

 

平安会館 ちごの口 猿投駅前  スタッフ一同

 

先日9月1日、西尾郵便局すぐ南に「文十鳳凰殿なんでも相談サロン」がオープンいたしました!

こちら、どういったサロンかというと、「事前相談専用サロン」となっております。

事前のお電話は不要で、年中無休、9時~17時まで いつでも相談が可能です。

ご葬儀に関する疑問点に、葬祭ディレクターがわかりやすくお答えさせていただきます。

 

ここで、サロン内を少しお見せいたします☆

すっきりと、落ち着いた空間を目指しました。

相談スペースも二カ所設けておりますので どうぞごゆっくりお過ごし下さいね。

 

また、仏壇や仏具の販売もございます。

 

いかがでしょうか?

 

ぜひ 一度お気軽にお越し下さいませ。

スタッフ一同、心よりお待ちしております!

 

文十鳳凰殿 平安会館 スタッフ一同

1 2 3 4 5 6 203