お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

吹き付ける風が冷たく

肩を縮める日が続いてますね。

 

本日は、自動車保険会社様ご協力のもと

交通安全講習が執り行われました。

我々は、打合せ等でお客様のお宅へ伺う事は

もちろん、霊柩車にて大切な方を病院からお連れ

させて頂く事もあります。

日頃から、細心の注意を払って業務に

取り組んでまいります。

 

文十鳳凰殿 平安会館

榊原 裕子

その他, 榊原 裕子 コメントなし    コメントをする

【岡崎 家族葬】

近年 ご自宅でのご葬儀をなされる方も 一年に何回と数えるほどになりました

20年ほど前は ほとんどが自宅で通夜葬儀を行っておりました

ご自宅で行う事となれば まず お家のお掃除から…

入院が長かったお家のかたは 病院と家の往復で 家のことは二の次になります

 

お客様に接待をするお湯呑みの数も足りず お隣さんから借りたり

お非時は全て町内の方が総出で作られる

ご遺族様が 大変なご苦労をされ ご葬儀が執り行われておりました

 

葬儀式場が増え 会館で行うことが当たり前になった今

どうしてもご自宅で  家族だけで…

といわれるご葬儀のお手伝いをさせていただきました

この家を立派に守ってくれただもん

本当に家が好きだったお母さんだったから…

兄弟にも後で報告 病気だったことも知らせしてないから

兄弟からは怒られると思う

いいの

私が怒られればいいだよ

 

お母さんの遺言

“この家で 家族だけで”

守ってあげないと怒られちゃう

 

80歳になられる故人様のご主人が 愛する故人様の為

 

少しづつ いろいろなお話しを聞かせてくださいました

その想いに寄り添うべく

 

いつもは 会館で 祭壇の大きさも決まっているなかでの飾りつけを

朝 お花屋さんとお部屋の寸法を測り どこへどのようにお花をもっていくか

一緒に考えてもらいました

お母さんの大好きだったカサブランカに囲まれて

 

お通夜のお参りはお内仏の前で

ご葬儀の朝 少しお棺を前にご安置し その後ろで

厳粛にとりおこなわれました

 

本当にご主人と長女様 次女様の家族 6人で

 

遺言がそうであったとしても なかなか 貫くことが難しいのが現実です

それをかなえて差し上げたご主人の想いに 本当に心打たれた2日間でした

 

ご近所さまにもお知らせはしていなかったのですが

準備に出入りする私達をみて 尋ねて来て下さった方々に

「こんなにきれいにしてもらった顔を ほかの人にもみてもらわんとなあ

最後にお別れをしていただくことができて よかったな」

と微笑んでおられました

 

大変貴重なお手伝いをさせて頂けたことに 感謝いたします

2日間本当にありがとうございました

 

忌明け法要も終わり メモリアルアルバムを持ってご兄弟さんのところへのご報告も済まされたでしょうか?

嘘のように暖かかった12月初旬も 一昨日からめっきり寒く北風が冷たくて

やっぱり12月なんだな~と思うようになりました

体調を崩されませぬようどうぞご慈愛くださいませ

 

平安会館ソサイエ 大平斎場

担当 藤原 恵美

お通夜・ご葬儀の様子, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 一色斎場にて お通夜、お葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

 

喪主さまより、祭壇にお灯しするお光を頂き、開式いたします。

お式のあとは、故人さまに思いを馳せて頂きながら、お花をお納めいただきます……

ご家族の皆様方には大変お世話になりました。

お疲れが出ませんよう、ご自愛くださいませ。

文十鳳凰殿 久保優里香

お通夜・ご葬儀の様子, 久保 優里香 コメントなし    コメントをする

「まるで春の陽気だね」

そんな声が聞こえてきたのはいつごろか…12月にして20度という気温は、目を閉じていればただ心地よいだけのそれでも、実際は私たちの健康から、果ては生活そのものまでに、大きな影響を与えてゆきました。それからがくりと気温の下がったここ数日…情けなくも、私は大きく体調を崩しています。ここ数年の「例年とは違う」感じ。自分の心と体を、もっと変えていかなくてはいけないのかも知れませんね。

 

さて、年末が近づいてきました。わかっていても、なんだか心がそわそわ、焦ってしまうのは何故でしょう。今年のうちに終わらせたい事に、追われていたりしませんか? それも、とても大事なこと。けれど、今年と来年は、どうしたって続いているのです。ひとつの区切りとして、新しい年に、新しいことを始め、新しい自分と出会う…そのために、今年のうちに、そんな準備をしておくのは、いかがでしょう。

↓ ↓ クリックすると大きくなります ↓ ↓

私たちは常に、共に、大切なお手伝いのできる仲間を探しています。やりがいのある仕事、そしてなにより、大切なことにたくさん触れることのできるお仕事です。
新しい年に、新しい自分に会いにいってみませんか?

性別・年齢は問いません。まずは何事もお電話にてお問い合わせください。
電話 0120-565-542 担当:伊澤

 

「ありがとう」をお仕事にしてみませんか?

文十鳳凰殿 平安会館 ソサイエ 家族葬別邸 結家 ちごの口 スタッフ一同

その他, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

お葬儀にお花はかかせないものです。

スタッフである私も毎日必ず触れ合っています。

お花にもお顔や咲き方があるので1本1本丁寧にそれぞれのお花が

一番活きる場所にいて、そこでそっと静かに故人様を見守っています。

お花が飾られると祭壇は一段と華やかになります。

このように、咲き方で場所を決めてきれいな流線型を作ったりします。

自然のものなので時期により様々なお花をみることができて勉強になります。

好きな花、私たちに聞かせてください。

私たちの心とともにお花も一緒に故人様、ご遺族様に寄り添わせていただきます。

平安会館 文十鳳凰殿  家族葬別邸結家

担当 井手 和美

その他, 井手 和美 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 288