お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

満中陰 「中陰が満ちる」つまり中陰が終わる日という意味 49日の忌が明ける日なので 忌明け(きあけ)と呼ばれたりもします

忌明け法要の時 準備しないといけない事や物 今日はお話したいと思います まず

①忌明け法要の日時、場所は御寺院とご相談して早めに決めましょう

② どなたが来られるか ご案内のハガキを作成しお送りしましょう 日時が決まったらなるべく早い方がよいですね 電話連絡だと日にちや時間を言い間違えたり 聞き間違えたり 書面であったほうが来て下さる方にも丁寧です

大半はお葬儀の初七日法要までお付き合いして下さったご親族 けれど忌明け法要の日にご都合が合うかわからないので法要の後のお料理や引き物のご準備の数を把握するため名簿を作られた方がわかりやすいです

③ 引き物のご用意 お品物を決めましょう お寺様の分もお忘れなく

④ 忌明け法要までに「本位牌」をご用意しましょう お葬儀で使用したお位牌(白木)は仮位牌となります

法要をご自宅で行う場合以外 (お寺や法要会館などで)当日お持ちいただくもの

1、位牌(白木の仮の位牌と本位牌と2本)

2、お骨

3、ご遺影

御寺院によってはお供えにお餅など用意をしなければならないので 必要なものを御寺院にお伺いしてください

4、法要で来られるお客様のお茶菓子 法要に休憩を挟まれる場合がありますので(休憩をするかどうかは御寺院にお伺いください) 法要が始まる前と休憩の時の分

5、お布施

6、寺院が食事の席に着かれないのであれば 御膳料

となります

そして 忌明け法要を終えられたら

お仏壇のお打ち敷は白から表(金糸など色物)の変えます

神棚を伏せていた半紙をはがし 神棚のお供えをします

ご遺影のリボンも外してもよいです

 

案内のハガキから 引き物 お料理 全て西尾、岡崎の法要会館で承ることが出来ます(会館利用は他ホールにつきましては 友引の午前中のみ)

わからない事がございましたら いつでもご連絡くださいませ。

フリーダイヤル  ☎0120-565-542   スタッフ一同

 

文十鳳凰殿 平安会館  家族葬別邸~結家~

担当 藤原 恵美

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする

西尾市のど真ん中、市役所の表通りを東に進み、西尾郵便局を少し過ぎたところ…【 文十鳳凰殿 西尾中央斎場 】は、とても分かりやすい立地に、ご用意がございます。ご参列も含めれば、一度は足を運んで頂いたことのある方も、多いのでは…その中央斎場の1階式場、瑞雲殿の目の前ロビーには、大きな閻魔様がご安置されています。

仏師、松久宗林によるこの作品。考えてみれば、閻魔様とは切っても切れないご縁のあるこのお仕事…。こうしてお姿が形になってみえると、何だか気の引き締まる思いが致します。まだ新入社員だったころ、先輩から、こんな言葉をいただきました。

「よく、閻魔様のお顔を見てごらんなさい。その時の自分の心の持ちようで、お顔が変わってみえると思うわ」

穏やかな日、心にさざ波の立つ日、寂しかったり、辛かったりする日…「人間」であれば、誰しも、毎日が同じではありません。そう言われて気にしてみると…なんとなく、穏やかなお顔のに感じるもあれば、どことなく、お怒りになっているように感じる日もあったり…。けれど、まず、閻魔様って、どんな方なのでしょう?

ご宗派によってお考えは異なりますが、死後の世界で、私達をさばき、導いて下さる方々…誰も見た事のない世界なのに、私たちはそれを「当たり前」と認識し、時には、心の拠り所として、すがるのです。

昨今の生活スタイルで、仏教に関する考え方も大きく変わってきていると、色々なメディアで、目に、耳にします。お手元に置かれる心の拠り所も、さまざまな形に変化してきました。

閻魔様と同じロビー、振り向いてみてください。こちらはお譲りすることができます。新しいご縁を、こちらで結んでみてはいかがですか?

 

文十鳳凰殿 西尾中央斎場

平安会館 家族葬別邸~結家~

担当 古橋 春奈

その他, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

新緑の候、西尾市にある葬儀会館 文十鳳凰殿 一色斎場にて家族葬のお手伝いをさせて頂きました。

「食べたかったのに、食べれなくてね・・・」とご家族様から素敵なお供えがありました。お供えを直接して頂き、故人様のお顔が少し微笑んだように感じました。

ごくごく近親者で執り行われた式。温かな雰囲気の中、開式です。

初七日の食事にも一緒に食べて欲しい!とお供えをして頂きました。

【お腹いっぱい食べて下さいね】

故人様の人徳もあり、実に心優しいご家族様でございました。

心温かなご家族様により送られた式。きっとご自分に与えられた役割を精一杯こなし、微笑みながら、彼の地へとむかわれた事と信じ、合掌で見送らせて頂きました。

【西尾市 葬儀会館 西尾市家族葬】

文十鳳凰殿 一色斎場 家族葬別邸~結家~

担当 小林 孝教

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする

愛知県西尾市にあります、文十鳳凰殿 西尾中央斎場にて  ’’帽子(お父さんのトレードマーク)は、式中かぶっていてもいい?との問いに 私は「いいよ~」と。でも実際は被らずに喪主を務めた生真面目なお方’’のお手伝いをさせて頂きました。

一代で会社を築き上げた故人様は、真面目一筋な性格そのままに休むことなく仕事に打ち込んでおり、それほどまでに頑張れたのは家族を大切に思ってくれていたからこそ。


普段 皆で過ごす時間を多くとれない分、お正月は必ずスキー旅行に連れて行ってくれたそうで御座います。その年明け恒例行事を心待ちにしていた幼い頃の記憶が懐かしくよみがえり、父との想い出として記憶に刻まれて…。

趣味仲間様よりのお手紙には「聞く耳を疑い驚きと本当に残念な気持ちで一杯です。……富士山は何度も行きましたね、カメラが古いと新しいカメラを買いましたね、富士山はイイナーと口癖でした。そんな(故人様の名)さんは、もういない さみしい。………」と。

祭壇にも作品を飾らせて頂きました。お写真のレイアウトにもこだわりがあり、「湖ありきの富士山。」とおっしゃられていたそうで御座います。よく撮っていらした富士山も、大空からだと いつもと違う表情にお見えでしょう。この先もお気に入りのカメラを構え美しい風景をおさめてほしいと願っております。

 

故人様のお好きでいらした’’おはぎ’’、いつもはチンしてから召し上がっていらしたそうで御座います。今回もそのように温めてからご用意をさせて頂きました。お父さん、その節は有難う御座いました。美味しく食べてね。

この三日間、色々とお世話になり本当に有難う御座いました。ほんの数ヶ月前に故人様にも良くして頂き…そのおりは無理をなさっておいでたと思うと胸が締め付けられます。が、お母さんは「あなたなら何回来てもいいよ。」と。ご家族様やご親族様にはどんな時でも にこやかに接してくださり感謝致します。お疲れが出ませんように どうぞ お体にはご自愛くださいませ。

【西尾 葬儀】

文十鳳凰殿 西尾中央斎場

担当  内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

平安会館ちごの口 猿投駅前斎場にてご葬儀の

お手伝いさせていただきました。

故人様は仕事一筋、農業と酪農という自然と生き物を

相手にする仕事の為来る日も来る日も家族を守るため

額に汗して働いていたそうです。

そんな故人様は事あるごとに、

「この町内に引っ越して周りの方々が親切にしてくれる

おかげでこの地で仕事が出来ると地元の方々に

とても感謝していた」と喪主様はお話してくれました。

式場入口には、故人様の好きなお酒と甘い

和菓子とともに故人様が編集して作った地元の

歴史を綴った本を飾らせていただきました。

地元の高齢者クラブ 会長様よりの弔辞

会社関係の方々はご案内せず、ご町内・ご親族

の皆様にてご葬儀が執り行われました。

閉式後、故人様を偲び思い出のお写真を

前方スクリーンにて流させていただき

最後にご家族の故人様への気持ち

「ありがとう」

ご遺族の皆様お手伝いさせていただきました

2日間大変お世話になりました。

お疲れがでないよう、お身体ご慈愛くださいませ。

平安会館ちごの口 猿投駅前斎場斎場

担当 中野 吏

お通夜・ご葬儀の様子, 中野 吏 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 326