お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

お通夜・ご葬儀の様子の記事

若い時は仕事、仕事で家に帰るのも遅く寂しい思いもしていた事すら

今では良き思い出になってます・・・いつも仕事から帰っては疲れたなー

腹減ったーなんか作ってくれ・・・と言っていたあの頃が本当に幸せだったんだな

と今になって思います・・・と故人様の奥様は遠くを眺めながら感慨深げにお打合せの時

おっしゃられていました・・・

定年後は何かやらねばと、一から野菜の事を勉強して土作りから徹底的にされていた

そうです・・・思いったったらまっしぐらなところは現役時代から変わらず

主人が作った野菜で作った野菜炒めや、焼きそばは絶品なんですよ・・・

とご主人様の事を誇らしげに本当に愛していらしたんだなと伝わってまいりました・・・

葬儀は地域の方もお見えになっていただき偲んでいただきました・・・

作った野菜をご近所にもおすそ分けする事が大好きな主人が喜んでいると思います・・・

とご挨拶の時におっしゃられ大勢がお参りにお見えになっていました・・・

故人様はお腹が空くと奥様の焼きそばを催促して現役時代も定年後も頑張っていた

そうです・・・

大好きなご主人様へ奥様からの最後の焼きそば・・・

しっかり食べて見守っていてね・・・と思いを込めて

急な別れでご家族様はお力落としのことと思いますがお体ご自愛下さいませ・・・

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家 福島 隆嘉

 

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする

雨予報がまるで嘘のように、葬儀当日は

青空になりました。

文十鳳凰殿 「碧南斎場」にて

ご葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

カラオケが好きだった故人様、今にも素敵なマイクから歌声が聞こえてきそうです。

たくさんの歌詞カードとカセットテープ、そして親族の皆様と撮ったお写真は故人様の素敵な笑顔が輝いています。

ひまわりがとっても良いですね、と仰っていた故人様の娘様達。とても素敵な祭壇です。

そんな素敵な祭壇にお灯し致しますお光を喪主様より頂きました、

 

故人様のお人柄がうかがえるあたたかな2日間となりました。

ご家族、ご親族の皆様方には大変お世話になりました。

お疲れが出ません様、ご自愛下さいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 二村麻由  鳥山文寛

お通夜・ご葬儀の様子, 二村 麻由, 鳥山 文寛 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 西尾中央斎場別館にて 「毎日、熱心に働き続け皆の 手本となる大きな背中のお父様」のお見送りのお手伝いをさせていただきました。

故人様の奥様は、かれこれ十数年前からのお付き合いをさせて頂いております大先輩です。

敢えて ご祭壇を写真におさめませんでしたのは、ご本尊は尊極なものとして「触れてはいけない、息を吹きかけてもいけない」と言われたり、人によっては「仏の生命であるご本尊」としてカメラやスマホで撮ったのち どのように扱っているのか…ご本尊を撮ってはいけないといわれる宗教も御座います。諸説ありますが宗旨宗派によっては撮らせて頂くことを避けさせております。

自営業をしていたので決まったお休みを取らず体力が続く限り現場へ向かう父。一本気に自分の決めた信条を貫き通し、家族から心配の声をかけられても休むことなく……そんな故人様のお好きでいらした鮪のお寿司をご用意させて頂きました。

大好きな猫に囲まれ ゆっくりと流れる時間…愛おしそうに世話をして共にくつろいでいた時の幸せそうな微笑み…ニャンちゃんのお写真と一緒に  いつも飲んでいらした缶コーヒーを末期として…。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。梅雨の冷え感と思えば夏の暑さに似た温度差がございます、どうぞご自愛くださいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬結家

担当   内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口 さとび斎場で行われた家族葬のご様子です。

音楽を心から愛する故人様でいらっしゃいました。

 

ご逝去される直前まで大好きな曲が流れると、かすかに指でリズムを取られておられたそうです・・

ライブや慰問活動など積極的に外に出て、充実した晩年を送っておられました。

 

何事にも本気で取り組んでこられた故人様へ「空の上から明るい音色を響かせてください。」と喪主様のお別れのお言葉でした。・・・

大好きだったビートルズの曲の中で、たくさんのご友人、音楽仲間の皆様の手でご出棺なさいました。

どうぞ、ゆっくりお休み下さいと、皆で願いお見送りしたしました。

故人様のご冥福を心からお祈り申しあげます。

平安会館 家族葬の結家

担当 初山 靖徳

お通夜・ご葬儀の様子, 初山 靖徳 コメントなし    コメントをする

梅雨の候、いつも笑顔で面倒見がよく、檀家からは親しみを込めて「ごえんさん」と呼ばれておられた、お寺の前住職のお葬儀をお手伝いさせていただきました。

長きに渡り住職を務め、宗議会議員として宗派の普及発展など、全国の僧侶の代表者の1人として活躍もされました。お通夜は本堂にて執り行われました。

葬儀日は前住職が毎日読経して来られたご仏壇の前で、お名残勤行。

葬列を組んで本堂へ。

寺院様、ご親族様で出棺勤行。

そして、葬場勤行と厳粛に式辞が進んで参りました。

次世代を担う子供達の育成の場として保育園の創始者の1人でもおられた方でした。両日梅雨の時期でもあり、涙雨となりましたが多数の方々がお別れに来ていただき、「ごえんさん、ありがとう。お疲れ様。」と合掌される方が多く感じられました。

喪主の住職様からは、山門の所に貼り出している言葉が今は身に沁みます・・・と前住職と一緒で皆様を大切にされるお方様ですので、1人1人にお礼を言われておられました。

「来て頂く皆様に何かあってはいけない。」とコロナ予防もしっかり考えて進められた式。所々に住職の温かな愛を感じる式となりました。まだまだ暑い日が続きます。お身体ご自愛下さいませ。

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当者 小林 孝教

 

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 280