お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

内野 久美子の記事

文十鳳凰殿 西尾中央斎場にて「母といえば男勝りで元気いっぱい。」の故人様、お見送りのお手伝いをさせて頂きました。

通夜式のご様子で御座います。母は朝から晩まで動きっぱなしで家事や育児をこなす働き者で……。喪主様にご一緒にお写真をとお声をかけさせて頂いたおり「自分はいいから…」と照れ笑い。なので喪主挨拶のご様子は引きのお写真にて。

習字作品集を施設の方々がお参りの時に持参して頂けました。「おばあちゃんは昔から字が上手かったよね。」とお孫様がポツリと つぶやかれました…皆様方にもご覧になって頂こうとメモリアルコーナーの真ん中へ。

編み物が得意でいろんなものを仕立ててくれたそうで御座います。彼の地でも楽しんで頂きたいと想いご用意をさせて頂きました。

元気の源は、何といってもお孫様やひ孫様とふれあうことだったのでしょう。家族が勢揃いをし笑顔の輪の真ん中でひときわ表情を輝かせる故人様、九州から望愛奈ちゃんと澪椛奈ちゃんが足を運んでくれましたね。

お勤めを退いてからは農作業に汗を流し、あらゆる野菜を私達姉妹に配ることがお決まり……。そんな丹精込めて育ててくれた お野菜はどれも美味しく、お腹も心も満たしてくれたことでしょう。

ご出棺のご様子で御座います。面影を偲ぶほどに別れの寂しさが募りますが、先に待つ父との再会の地に母の大好きな花が美しく咲き誇っているよう願ってやみません。と。お父様の時にもお世話になり、何年過ぎても わたくしの顔を覚えていて下さり感謝の気持ちでいっぱいです。

この日より時が経ち 本日、私共の法要会館にての忌明け法要で御座います。この度も色々お世話になりまして本当に有り難う御座いました。冷たい日が続きます風邪などひかぬよう御身体にはご自愛くださいませ。

 

【西尾 葬儀】文十鳳凰殿 西尾中央斎場

担当 内野久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

西尾市に御座います 文十鳳凰殿 一色斎場にて”頼もしい海の男”のご葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

昼間に家を出て次の日の朝方に帰るという日々を中学卒業してから もう何十年も続けて…漁師として生きることは夫の誇り。

男らしく正義感が強く、子供達には優しいお父さんでしたので、孫を授かってからは さらにやわらかな顔に……と。そのお人柄もあり式場から溢れロビーまで沢山のご会葬者様がお越しになられました。

旅行や子供達孫達とのたくさん思い出を作ることができて本当に幸せでした。……ただ…せめて もう一度顔を見せてほしい…気持ちの整理はつかぬままですが……。と。

娘様よりお父様へ”送る言葉”を頂戴致しました。前日にお話しさせて頂いた時には「多分大丈夫、手紙は自分で読めるよ。」と。止めどなく流れる涙をこらえ息を整えながら一生懸命に昔のことからちょっと昔のお話まで聞かせて頂き…娘様のお気持ちが伝わりご会葬者様も涙を誘われておりました。

ご主人様はどんなメーカーのものでも構わなくビールがお好きでいらしたそうで、飲んだ後は必ず”おはぎ”を召し上がっていたそうで御座います。そして会葬礼状の背景にはご主人様の働いていた海と船を。

お孫のさなちゃんと。

喪主様とスタッフとで撮らせて頂きました。喪主様にはしっかり者の子供様達や とても仲の良い姉妹が傍に居て支えてくれていますので前を向いて歩むことをご主人様は願っていらっしゃると思います。

色々とお世話になりまして本当に有難う御座いました。お寒い中、風邪をひかないようご自愛くださいませ。

【西尾 葬儀】

文十鳳凰殿 平安会館 一色斎場

担当  内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

碧南市に御座います、文十鳳凰殿 碧南斎場にて ’’働くことが生きること。それが母の人生でした。’’……そんな大切ないのちのお見送りのお手伝いをさせて頂きました。

7人兄弟の長女として商売を営む両親に代わり弟や妹の面倒を見るのが当たり前だった娘時代の故人様。

戦後の食べることも暮らすことも 容易くなかった時代に嫁ぎ 家事に子育てそして夫と共に稼業に励み 力仕事も厭わず、ただ暮らしを守るため 朝から晩まで身を粉にして働き続けた日々でした。時には人知れず毎日コツコツと努力を積む、働き者で人一倍の頑張り屋さんへ大好きだった秋刀魚をご用意させて頂きました。

幾多の苦難にぶつかっても持ち前の辛抱強さで耐え抜き頑張り抜き貴女のお蔭でひ孫の代まで続く今の幸せがあるのだとご家族様は振り返ります。

初七日法要のご様子で御座います。……晩年は2度の骨折を経験されここ数年は施設での暮らしとなりましたが、お仲間やスタッフの方々に温かく迎えて頂き穏やかな時を過ごせことが家族にとって何よりの慰めとなりました。

ご自宅にて喪主様と。……激動の時代の中家族のためにと前を向きその身を尽くしてくれた貴女に長い間本当にお疲れ様でした。有難う御座いましたと感謝を込めて(彼方ではゆっくりと休んでください。)そう声をかけ去りゆく背中を見送ります。

この二日間、色々と大変お世話になりまして本当に有り難う御座いました。寒さも深まりゆく中、どうぞお体には十分ご自愛下さいませ。

文十鳳凰殿 碧南斎場【碧南 葬儀】

担当  内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 西尾中央斎場にてお手伝いをさせて頂きました。

『10年寝たきりの母を想い「先にはいけない…。」と頑張っていてくれた父でしたが…きっと見晴らしの良い所を母のために確保し、‘‘最愛の妻‘‘を待っているに違いありません。』の喪主挨拶が印象的で御座いました。

楽しまれていたのは家庭菜園。几帳面な性格で割箸を使って間隔をはかり苗を植え、手塩にかけた お野菜はとても美味しく ナスやキュウリなどが収穫出来る程。鈴虫を愛でていらしたそうですが、最近ではお嫁様がそれを引き継ぎ…最後にこの声を聴いて欲しいと連れて来てくれました。耳を澄ませば そこには有難いお経と共に鈴虫の奏でる音色が浮かんで見えました。

「大好きなお酒とたばこをこよなく愛し順風満帆な人生だったのではないでしょうか。」と喪主挨拶をされておりました。皆と集まってお酒を手に騒ぐことが好きだった父へと、枕元には常にお酒のお供えが…。煙草とブランデーにはナッツのおつまみ、あんぱんもお好きな故人様へのメッセージを添えて…。

何よりも愛してやまなかった5人のお孫様方を宝物のように大切にされ、お盆やお正月に家族が集まれば皆で賑やかにピザやお寿司を囲み…

お孫様達の健やかな成長を誰よりも願っておりましたから、あの温かな眼差しで彼方からも見守ってくれると信じています。と。喪家様方の言動にて故人様を好きで、故人様から愛されいらしたことが手に取るように伝わりますお通夜とご葬儀で御座いました。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。どうぞ お身体にはご自愛くださいませ。

 

文十鳳凰殿 西尾中央斎場

担当 内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

 

2年前にお通夜・ご葬儀を担当させて頂きました葬家の

三回忌法要を文十鳳凰殿 一色斎場にてお手伝いをさせて頂きました。

和やかに弾む会話、進むお箸。

新しいご家族。人見知りが始まった かほちゃんは、うっちーに抱かれても泣きません。

お会いした瞬間から「うっちーっ!!ご無沙汰してますぅ~。」。‘‘うっちー‘‘ ‘‘うっちー‘‘と何度も呼んで頂いたことがとても嬉しくて感謝です。2年前、故人様が ご自宅のお庭で育てられた大切な植木鉢をお棺まわりへ飾らせて頂いた事をはっきりと覚えております。その節は大変お世話になりまして有難う御座いました。

三回忌法要も無事終えられ、次回は4年後の七回忌法要。その時も‘‘うっちー‘‘と呼んでくださいね。本当に有難う御座いました。

 

文十鳳凰殿 一色斎場

担当 内野久美子

その他, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 20