お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

内野 久美子の記事

文十鳳凰殿 西尾中央斎場別館にて 「毎日、熱心に働き続け皆の 手本となる大きな背中のお父様」のお見送りのお手伝いをさせていただきました。

故人様の奥様は、かれこれ十数年前からのお付き合いをさせて頂いております大先輩です。

敢えて ご祭壇を写真におさめませんでしたのは、ご本尊は尊極なものとして「触れてはいけない、息を吹きかけてもいけない」と言われたり、人によっては「仏の生命であるご本尊」としてカメラやスマホで撮ったのち どのように扱っているのか…ご本尊を撮ってはいけないといわれる宗教も御座います。諸説ありますが宗旨宗派によっては撮らせて頂くことを避けさせております。

自営業をしていたので決まったお休みを取らず体力が続く限り現場へ向かう父。一本気に自分の決めた信条を貫き通し、家族から心配の声をかけられても休むことなく……そんな故人様のお好きでいらした鮪のお寿司をご用意させて頂きました。

大好きな猫に囲まれ ゆっくりと流れる時間…愛おしそうに世話をして共にくつろいでいた時の幸せそうな微笑み…ニャンちゃんのお写真と一緒に  いつも飲んでいらした缶コーヒーを末期として…。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。梅雨の冷え感と思えば夏の暑さに似た温度差がございます、どうぞご自愛くださいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬結家

担当   内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 幡豆斎場にて無口なお父様をお送りするお手伝いをさせて頂きました。

なぜ今まで気付けなかったのか……入院する母のことを 自身も入院中の身でありながら心配していて、私が顔を出せば一言目には「お母さんは元気か?ちゃんと食べてるか?」………この優しさに。

数年前の事、出不精でなかなか遊びになど行かない父を花火大会に誘い、二つ返事で「行く」と言った父。親子で並んで海岸沿いを歩き、一緒にその夜空を輝かせた花火に感動した あの夏の出来事を忘れることはありません。…と。

わんちゃんが大好きでいらした故人様、散歩はご自分で行きたいと毎日欠かさずに。あるだけのお写真を手向けてあげたいとご家族様がお持ちいただきました。

そして、故人様は甘い物もお好きでしたとお聞きして…。

母のことは心配でしょうが、私に任せて あとはゆっくり休んで欲しいと思います。今まで言えなかった分、これから大空に向かって「ありがとう」と何度も伝えていきます。…と。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。これから暑い夏の訪れが近づいております、どうぞお体にはご自愛くださいませ。

【西尾市葬儀 家族葬西尾 西尾市家族葬】

 

文十鳳凰殿 平安会館 結家

担当   内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

愛知県西尾市に御座います、文十鳳凰殿 西尾中央斎場にてお手伝いをさせて頂きました。

 

ソーシャルディスタンスの為、お席を離してのお通夜式とご葬儀をさせて頂いております。

こちらのお誕生日カードは昨年のお品で御座います。が、惜しくも今年は、その願い届かず95歳のお誕生日の前日に……。

この場に相応しいか…色々考えましたが、ご家族様やご親族様のお心に残り尚且つ故人様が喜んでいただけると信じて祥子様のお誕生日会を開かせて頂きました。

『95』の蝋燭に‘‘あかり‘‘を喪主様に灯して頂いた時「これはまた、とんだサプライズだねぇ~。」と喜んで頂いた、お通夜式で御座いました。

この日より数日後に訪れる母の日のため、喪主様がカーネーションを お年の数だけご用意されました。長き歩みには知り得ぬご苦労も随分おありになられたと思います。喪主様は、常に誠実で我が子の成長に優しく寄り添っているお姿として残っておいでと…。

喪主挨拶のご様子で御座います。父に先立たれてなお 前を向き今日まで みんなの拠り所であり続けてくれたことに感謝と…。

嫁いでからずっと農業に携わってきた母は、畑仕事が趣味に。毎日のように朝早くから畑へ出かけ一日中汗を流し、帰って来るなり台所へ立ち家事をこなし……記憶を辿るにつれなお感謝しかありませんと…。

この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。お疲れが出ません様にお身体にはどうぞご自愛くださいませ。

【西尾葬儀 家族葬】

 

 

文十鳳凰殿  平安会館 家族葬の結家

担当 内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 西尾中央斎場にてお手伝いをさせて頂きました。

「父は頑固で厳しい一面もあったけど本当は誰よりも家族を大切に思ってくれた優しい人だった…と、みんなは分かっていました。殺生を嫌い、自分たちの今があるのは ご先祖様や周りのお蔭だと仏壇や神棚に向かい感謝する父を尊敬していました…」と喪主様。

お棺から片時も離れないお連れ合い様。「おばあちゃんはおじいちゃんのことが、だいすきで、大好きで…。」と娘様が。おばあちゃまは、こらえきれない涙をずっーと拭われておりました。

だからこそ、ここまで一緒に歩んでこられたのでしょう…地方紙に取り上げられたダイヤモンド婚式。結婚して60周年の席をご親族様が集まって…嘸かし喜ばれたことと存じます。この時は嬉し涙が頬を伝ったことでしょう。

昼間は大好きな時代劇を楽しみ 夜は刺身と焼酎で晩酌するのがいつものお姿だったそうで御座います。ご出棺時には水戸黄門「じ~んせいらくありゃく~もあるさ~……」の曲にてお送りさせて頂きました。おじいちゃまも一緒に耳にし、口ずさんでくれたかな…。

孫やひ孫のことをよく可愛がってくれたおじいちゃん。皆で連れ立った去年の春、あのお花見が懐かしく、そのニコニコと微笑んでいた父の顔が忘れられない…。写真に残された この笑顔が何方様のお心にも遺されたことで御座いましょう。(…挿し写真…これ間違っていますね…)

喪主挨拶のお言葉に「…子供の頃はよく怒られた記憶があり大人になってもそうだったけど、家族を一番に思う優しい父でもありました。…」と。仕事一筋で運転から助役まで職務を全うし、職責を果たした お父様への誇りと愛をもってご家族様からの感謝にて お見送りをさせて頂きました。

二日間ではありましたが、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。此の中 大変ですが、わたくしも含め世間の皆様方と力を合わせ一緒に乗り越えていきたいです。皆さま方におかれまして お体にはどうぞご自愛くださいませ。

【西尾市葬儀 家族葬】

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

愛知県西尾市に御座います、文十鳳凰殿 西尾中央斎場にて いつでもどこでも皆を気遣ってくれた故人様のお見送りのお手伝いをさせて頂きました。

ご自宅にいた一輪のチューリップ。お通夜の前につぼみの状態でお持ち頂きましたが、ご葬儀当日は私を見てと言わんばかりに咲いてくれました。

手向けたいお品…故人様のお好きな果物やお菓子をお持ち頂き、「これとこのチューリップを…」言葉にならない想いが受け取らせて頂くお手から伝わってきました。

ご会葬者様へご自由にご覧頂いても良いアルバムには海外旅行や従業員との食事会の模様、子供達やお孫様とのお写真…どれをとっても忘れられない ‘‘ ひととき ‘‘ が。

喪主様は「別れが寂しくてたまりません」「今まで本当にありがとう」と心からの感謝でご焼香を…。

後日 故人様の出身地に戻られてから お別れの会が執り行われるとの事で、お通夜・ご葬儀の両日プロのカメラマンさんをお二人ずつ配置しDVDにさせて頂き この模様を流して下さるそうで御座います。

十羽に…そして永遠に…。

開式前、パパ方にご了承頂き お孫様達のお手にて放鳥の儀のお手伝いをして頂きました。

喪主様の最後のお言葉は、「今度が ある時は必ず 内野さんをご指名するからねぇ~。本当にありがとぉ~。」と帰路に…。

大きな存在感を放っていらした故人様、仕事は妥協を許さず厳しかったものの『従業員は宝』と語り、面倒見が良く大勢の方から親しまれていた故人様の所へ 毎週金曜日は自宅に社員さんが集まりご飯を共にして…など、沢山お話くださった喪主様。この三日間、色々お世話になりまして本当に有り難う御座いました。こんな時で御座います。お体にはどうぞご自愛くださいませ。

【西尾市 葬儀 家族葬】

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 26