お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

新田 康雄の記事

平安会館 施行課 新田でございます。

今回は 平安会館 安城斎場で先月お手伝いさせていただいたご葬儀の風景をお伝えいたします。

去年の6月にお父様を同じく 平安会館 安城斎場 にて見送った半年後の12月にお母様のご葬儀・・・1年で2回も大切なご家族のご葬儀をすることになってしまいました。ご寺院様がおっしゃるには今年檀家さんで同じ年に夫婦をお見送りするのが3件目です、との事。ご町内、仲の良い夫婦が一緒の年に旅立たれたのでしょうか。こちらのご夫婦も仲が良かったとの事でした。ただ、ご家族としては寂しいでしょうね。

真宗大谷派のお通夜では門徒の皆様がご寺院と一緒に正信偈をご唱和なさいます。一般葬では他宗派の弔問の方も見えますので唱和出来ない方も多数お見えになりますが家族葬では親族皆門徒の場合も多く、皆大きな声でご唱和なされます。きっと故人様まで届いたことでしょう。

家族葬でも寂しくならないようにとの事でオプションで胡蝶蘭を追加して頂きました。とても目立ちますね。勿論、お別れの際に皆様でお棺に納めて頂きました。

お通夜の後に喪主奥様が二人のお嬢様と祭壇前で一緒に写ったお写真があって三人姉妹のような良いお写真ですが個人情報ですので掲載はいたしません・・・残念!!とても仲のよいご家族様でした。

年が明けてこれからも寒さ堪える季節が続きますがどうぞお身体ご自愛くださいませ。

平安会館 安城斎場【安城 葬儀】

施行課 新田 康雄

 

お通夜・ご葬儀の様子, 新田 康雄, 未分類 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口 施行課の新田でございます。

今回は平安会館ちごの口猿投駅前斎場でのご葬儀をご紹介させていただきます。豊田市の矢作川沿いの西広瀬町にお住まいの方のご葬儀です。

まだまだ古いしきたりが多いこの地域のご葬儀は自宅出棺時にムシロを鎌で叩き、藁を燃やします。また組の方のお手伝いも欠かせません。お墓には組の方が作成した六地蔵の竹串が刺さったいます。豊田市の矢作川沿いの地域(北部)では町内一体でご葬儀が執り行われます。

斎場には故人様の作品がたくさん飾られました。若いころは剣道などスポーツ一辺倒だったそうですが学校の教え子から贈られた書道道具一式をきっかけに苦手であった書き物の練習をして師範の免状までもらったそうです。手前の瓢箪も故人様の作品です。

ケースの中の竹細工、今にも動き出しそうな出来です。

導師から喪主様が血脈を授かっております。曹洞宗道元禅師から西広瀬町宝積寺様、そして故人様までのお寺の家系図みたいなものです。この地域では血脈は納骨時にお墓にお骨と一緒に納めます。

宝積寺様の檀家様のご葬儀で80歳以上の方を送り出す時は「花籠」をふります。年齢の数だけお金を用意して紙に包みます。それを出棺時に組の方がふり、参列者が拾います。できれば自宅に帰る前にそのお金は使い切ってもらいます。

ご葬儀は初七日まで組の方のご協力をいただきまして無事終了いたしました。どんどんと寒さが増してくるこの季節、お身体ご自愛くださいませ。

【豊田 葬儀】

平安会館ちごの口 猿投駅前斎場

施行課 新田康雄

 

お通夜・ご葬儀の様子, 新田 康雄 コメントなし    コメントをする

平安会館ちごの口 施行課 新田でございます。

今回ご紹介するのは平安会館ちごの口藤岡さとび斎場でのご葬儀です。

88歳のお母様のご葬儀でしたが1年前の12月に故人様の次女様のご葬儀を同じさとび斎場で執り行っております。こればかりは順番通りにはいかないものです。ちなみにお父様(故人のご主人様)のご葬儀も昔ですがちごの口藤岡さとび斎場でお手伝いさせていただいております。

お寺様は7人(導師+役僧6人)と藤岡地域では当たり前ですが他地域から比べると多いですね。

まだまだ町内の決まり事やお付き合いが残っている地域で喪主である長女様が一生懸命チェックをされておりました。結婚式と違い葬儀は数日ですべてを決定しなければなりません。決定されるのはもちろんご家族ですが困ったときのアドバイスは我々にお任せください。

さとび斎場のある藤岡・小原地区は今が紅葉と四季桜の季節です。この季節に紅葉と桜が一緒に観る事が出来ます。さとび斎場の下り坂には秋にも咲く四季桜はございませんが紅葉のアーチの中、故人様を乗せた霊柩車とご親族を乗せたマイクロバスが皆様を見送ります。ご家族が窓の外を眺める余裕はあまりないかと思いますが紅葉の代わりに少しでも安心して頂きお心休まる様に我々スタッフがこれからもお手伝いさせていただきます。

【豊田 葬儀】

平安会館ちごの口 施行課 新田康雄

お通夜・ご葬儀の様子, 新田 康雄, 未分類 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口 さとび斎場 施行課 新田でございます。

ご紹介のご葬儀は、7年前に同じく新田が担当したご家族様で前回喪主を務めておられたお父様のご葬儀を今回お手伝いさせていただきました。場所は前回と同じく平安会館ちごの口さとび斎場です。

ご自宅にお伺いすると娘様2人に「依頼時に新田さんが来てくれると思っていたら別の方が来て・・・でも今日来てくれてとても嬉しかった」と仰っていただけました。葬儀担当者冥利に尽きるお言葉です。

お通夜にもたくさんの方がお参りしてくださいました。

お寺様は4人、曹洞宗ですので鳴り物がございます。

故人様好物がおまんじゅうでしたのでスタッフ手作りの栗きんとんをお供えさせていただきました。故人様、甘いものを更に甘くする習慣があったそうで・・・コーヒーはシュガー2本で足りたでしょうか?

「今回も新田さんが担当してくれて安心して父を送ることが出来ました」と言っていただけました。そう何回もご不幸があってはいけませんがいざというときに寄り添える担当者でありたいと思いました。忌明けまでは連絡を頂くことがありますが法要以外で連絡がないのはご家族様が元気でいる証拠です。どうぞお疲れの出ませんように。

平安会館 ちごの口 さとび斎場【豊田 葬儀】

担当 新田 康雄

お通夜・ご葬儀の様子, 新田 康雄 コメントなし    コメントをする

平安会館 施行課の新田でございます。

今回は平安会館岡崎百々斎場でのご葬儀を紹介させていただきます。

お手伝いさせていただきましたのは100歳のおばあちゃんのご葬儀。家族葬との事でしたがやはり100歳の方のご葬儀・・・生花籠盛もたくさん並んでおります。

信心深い故人様で生前に院号付きの戒名を頂いていたそうでお寺様もたくさん来ていただきました。

また地元の知らせを聞いた方達もたくさん、遠い中を40分ほどかけて来ていただきました。家族葬だからと言って全てをお断りするのではなく多少柔軟に対応して頂ければ弊社もそのように準備しておりますのでご安心くださいませ。

100歳の記念に頂いた賞状と銀杯、扇子が並んでおります。私が入社した当初は明治生まれの方のお手伝いをさせていただくこともございましたが今は100歳の方でも大正生まれ・・・平成も来年までです・・・時代の流れを感じますね。

喪主様があいさつで「きちんとした母らしくきっちり100歳まで生きてくれました」と仰っておりましたがご家族からすればもっともっと長生きしてほしかったでしょうね。

予定外の多くの方に見送られてのご葬儀、ありがたい誤算でしたが喪主様は大変だったでしょう。お疲れ様でございました。ご葬儀後にもやらなければいけないことがたくさんあります。朝夜の寒暖の差が大きくなるこの季節、どうぞお疲れの出ませんように。

平安会館 岡崎百々斎場

担当 新田 康雄

お通夜・ご葬儀の様子, 家族葬, 新田 康雄 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5