お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

幸村美樹の記事

皆さま、こんにちは。このところ暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。水分補給などしっかりとし、熱中症などにお気を付けくださいませ。

さて、今回はお式の”その後”についてお話させていただきます。

当社では、お式をお手伝いさせていただいた方に「お葬儀を終えて」という黒色のファイルをお渡ししております。この中には

今後のお手続き関連の事が書かれている「アフターサポートブック」

法要会館のご案内やお引き物のカタログ、法要案内はがきの作成についてなどの法要関連のもの

多くご香典を頂いた方への後返しのカタログ等、「今後」のことが入っております。また、専門のスタッフより、ファイルの詳しいご説明やお困りのことが無いかなどお電話させて頂いておりますので、何か分からないこと、ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬別邸結家

担当 幸村  美樹

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする

皆さま、こんにちは。

今回は、家族葬別邸結家で飾ることができる生花をご紹介させていただきます。以前は、結家では枕花しかお花の種類がありませんでした。しかし、最近は生花もお飾りすることができるようになりました。

白いお花のみの造りになっており、上品なデザインとなっております。

白一色なので、色花が入っている祭壇をよりひきたたせるものになっております。枕花とは違うので、ご親族以外の方にもお気軽に出していただくことができます。

家族葬別邸結家

担当 幸村  美樹

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする

皆様、こんにちは。先日、文十鳳凰殿  西尾中央斎場にてお葬儀のお手伝いをさせていただきました。

祭壇には、夏らしくひまわりの花を入れさせていただきました。

娘様より灯りを頂き、祭壇へと灯させていただきます。

お式の様子でございます。故人様が結ばれたご縁により、多くの方々にご会葬いただきました。

ご家族様との思い出が詰まったお写真でのスライドショー。中には、娘様と一緒に桜を見に広島や山口でのお写真も…。「子に引かれ 花巡る旅 ありがたし」その時に詠まれた詩もご紹介させていただきました。

お孫様がお花屋さんだということで、沢山のお花をお持ち下さり、お棺いっぱいにお花を手向けていただきました。

故人様が編み物が趣味だとお聞きしたので、編み棒と毛糸をご用意させていただきました。よく、カーディガンやセーターを編んでご自分で着ていたという故人様。天国へ行っても編み物を楽しんでください。

ご家族の皆様、2日間大変お世話になりました。どうかお疲れの出ませんよう、ご自愛くださいませ。

文十鳳凰殿 西尾中央斎場 平安会館

担当 幸村  美樹

お通夜・ご葬儀の様子, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする

皆さま、こんにちは。

今回は、祭壇にお飾りしているお花をご紹介させていただきます。

夏っぽく、黄色やオレンジ色のお花をいれて…

こちらは、女性らしくピンク色や紫色のお花で上品に…

最後は、白色の中に青色のお花を入れてアクセントに…

上のお写真の祭壇はすべて同じプランのものですが、入れるお花によって雰囲気が全く異なります。「こんな色が好きだったな。」「この花が好きだった。」など、お聞かせください。それに合うように、故人様らしい祭壇になるように精一杯、心を込めてお作り致します。

平安会館 文十鳳凰殿   家族葬別邸~結家~

担当 幸村  美樹

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする

皆さま、こんにちは。

先日、あるお葬儀をお手伝いさせていただいた時、会葬者の方よりある質問をされました。それは、「お式の途中でろうそくなどを変えたのはどういった意味があるのですか?」というものでした。

真宗大谷派の例ですと、お式が始まるときは上の写真のような状態になっております。

しかし、途中からこのような状態になります。これは、本来ですとお寺でお勤めを行った後、火葬場に移動してお勤めを行う、といったことを現在はずっと式場で行うので、場が変わったということを表すためにろうそく等を変えております。

このほかにも、様々なことがお式の最中に執り行われ、その一つ一つにきちんと意味があります。また、宗派によっても少しずつ違っているのでとても奥深いので、日々勉強し精進していきます。

平安会館 文十鳳凰殿

担当 幸村  美樹

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5