お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

福井 萌子の記事

 

こんにちは。ブログへお立ち寄りくださる皆様、いつも大変お世話になっております。

尋常でない暑さも遠のく気配を感じつつ、、、お身体も崩さず、お元気にお過ごしでしょうか。

現在も続くコロナ禍においての、自粛の日々。今まで以上に周りとの関係が希薄になっていると感じられますが、言えばこの機に周りを、また自分を見つめ直す良い時間であるとも感じています。

 

その中で、他者を送る、とは。たとえ、血の繋がりがあってもなくても。最期の時、その空間を一緒にお過ごし下さる方は、自分にとってどんな存在なのか。どんなかたちであれ、その方々を想うと少し温かい気持ちを頂けるのでは。。。

その時間こそ、ナニモノにも変えられない大切な時間だと感じております。

 

送る、とは。考え続けていきたいものです。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

 

 

 

 

 

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, その他, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

 

こんにちは。

いつもブログへお立ち寄りくださる皆様、いかがお過ごしでしょうか。

大分、日の落ちも早くなってきたなぁと感じられるけれど、負けじと肌を焼くような暑さは健在、、、身体を労わっていきたいものですね。

今回はご紹介を。前にお手伝いをさせて頂いたご家族ですが、宗派は、浄土宗。基本的なことは変わらないけれど、普段と違ったところ。故人様の頭もとに、

100個の団子。団子は通夜、葬儀、初七日でそれぞれ100個ずつ。お別れ時に全て、お棺の中へ。

足元に、

6つのお水。その他にも数点、おおぁ~ということがありました。勉強不足の為、どういう意味でこうされているのか、分かりかねますので、再度お寺様にお会い出来たら、伺ってみたいと思います。

その時は、またご紹介いたしますね。

みなさま、どうかお身体を大切に。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

 

 

 

 

 

 

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

 

こんにちは。いつもブログへお立ち寄りくださる皆さま、大変お世話になっております。

猛暑が続く日々の生活、マスクを外せない生活の中、お元気にお過ごしでしょうか。負けじとお過ごしのことと存じます。

 

この状況はこの世に生きる生き物ならだれでも感じえていることであり、広い世界での問題ですね。小さな世界での出来事であるならば、なんで私だけ、、、とマイナスな考えに陥るところかと思いますが、

そうも言ってられないこの状況の中で、今を、又これからをどう闘い、生き抜いていくのかと。少なくとも今までよりは、皆がプラスの方向へ考え向いていけているのではないかと感じています。

私も負けじと頑張りたいです。

 

力を合わせて生きましょう

見つけたひとことを載せて

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当   福井 萌子

その他, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

 

ブログへお立ち寄り下さる皆様、いつも大変お世話になっております。まだまだ不安の残る日々の生活の中、これから先どう共存していくのか考えて考えてお過ごしのことかと存じます。

何かに対せる不安を抱えての生活は今に始まったことではないのかと

 

目にみえない物事に対して感じる事、いくらでもあります。

その中でも、誰しもが背負う運命にある、生と死。始まりがあれば、終わりもあるとよく言われますね。そのまた逆も。

それらを例えたお話しを、ある大先輩より教えて頂きましたので、今回ここでご紹介させていただきたいと存じます。

 

「トンボとヤゴ」 ヤゴとは、トンボになる前の幼虫で水中で泳ぐ昆虫です

ある池に沢山のヤゴがおり、その中で最も仲の良い2匹のヤゴがおりました。ある日から、仲間たちが水中から出ていき戻ってかなくなるようになりました。次から次へと仲間たちは池からいなくなってゆきます。そんな時、2匹は、‘外の世界が不安である‘と話し合います。もし、どちらかが一方が池のそとへ出ることがあったら、必ず戻ってきて、外がどんなだったか教えに戻ってこようね! そう堅く誓い合うのです。そこで訪れた機会。約束を再確認しあい、外へと出た1匹は最後の脱皮後、トンボとなり大空へ旅立つのでした。彼は、自分の知らなかった素晴らしい外の世界に、今まで不安に過ごしてきた事が間違いであると気付くのでした。そのことを伝えたくて池の周りを飛廻ります。しかし、残されたヤゴに伝える手立てはないのです。どうしても出来ません。彼を待つ池の中のヤゴは、ひとり悲しみます。ただただ、自分の番を不安に感じながら待つのみなのです。生と死とはこういうことかもしれません。

考えさせられます。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

その他, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

 

こんにちは。いつもブログへお立ち寄りくださる皆様、お世話になっております。

コロナが落ち着かれたかと思ったら、今度は、最近の続く雨天に気分もどんより、なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時の心環境が身体環境へ与える影響はじわじわと。。。計り知れず。思うようにいかないなんてことは多々あり。上手く相手に伝わらないなぁなんてことも。とこれは、私自身のことでもあるのですが

うまくいかないなぁなんて時は、皆様はどうされていますか?

私は未だ上手~に立ち回り切り替える方法が定まっておらず。悩みの種であります。

そんな時の本日のひとこと

簡単なようで実は少し難しいこと。ひとつ違う角度で物事を感じ取り、またひとつ行動する。

 

まずは明日から。皆様にとって良いいちにちとなりますように。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

 

 

 

 

 

 

 

その他, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4