お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

平安会館ちごの口 猿投駅前斎場にてご葬儀の

お手伝いをさせていただきました。

多趣味で朗らかなお人柄の故人様を偲び

大勢の方がご会葬していただき、式場内に飾らせて

いただいた趣味の短歌等を拝見してみえました。

華やかにおくってあげたいとのご家族の希望で

選ばれた祭壇に皆様ご満足されていました。

斎場内を奏でるハープでの演奏にて

会葬者の皆様をお迎えさせていただきました。

開式前に想い出のお写真を

前方スクリーンにて流させていただきました。

大勢の会葬者に見守られ、葬儀式が粛々と

執り行われました。

ご家族の皆様、お手伝いさせていただきました

2日間大変お世話になりました。

時節柄、お身体ご慈愛くださいませ。

平安会館ちごの口 猿投駅前斎場

担当 中野 吏

お通夜・ご葬儀の様子, 中野 吏 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口 さとび斎場 施行課 新田です。

今回ご紹介させていただくご葬儀は昨年末に東京でお亡くなりになりました22歳のお若い方のご葬儀です。

1人暮らしの東京の下宿先にてお亡くなりになり、お骨になって地元の豊田市に戻ってきた故人様・・・ご家族からたくさんの方とのお付き合いがあったため地元で葬儀をしたいとの希望で平安会館ちごの口さとび斎場でお骨にて通夜葬儀を執り行いました。

豊田市に越してきてから始めた空手。骨折に気づかずに表彰台に登ったことも。高校卒業後専門学校で技術を学び、資生堂パーラーという大手に就職。パティシエを目指して頑張っていた矢先での出来事・・・事件事故ではないもののご家族からしたら連絡がないのが元気な証拠と思っていたそうですが・・・。

お骨になっている為故人様とのご対面はかないませんでしたスライドショーで故人様の思い出を共有してもらいました。こんなに小さな時から包丁を持って調理をされていたのですね。

ご両親の実家の岐阜県からご寺院様が駆け付けて下さいました。お骨葬でしたが普段と同じようにお勤めして頂きました。

高校を卒業してから浜松の専門学校、東京の就職先と、ずっと外に出たままの故人様だったので急にいなくなっても実感がわきません・・・とご家族様。バタバタした非日常から少し落ち着いた日常に戻った時に大切なご家族がいない日常にまた淋しさがこみあげてくることもあるでしょう。寒い日々が続きますがどうぞお体ご自愛下さいませ。

平安会館 ちごの口 さとび斎場

担当 新田 康雄

お通夜・ご葬儀の様子, 新田 康雄 コメントなし    コメントをする

刈谷市野田町にございます

平安会館 東刈谷斎場で営まれたご葬儀の様子です。

 

お通夜・ご葬儀ともに故人様とのお別れを惜しむ

多くの方がご参列されました。

 

スポーツがお好きで御贔屓のチームの試合を

観戦し応援することが何よりの楽しみだった故人様

祭壇は生花は、チームカラーの赤色で

飾らせていただきました。

ロビーには想い出のユニフォームやグッズを

飾らせていただき、ユニフォームには

ご参列の皆様から、お別れのメッセージを寄せ書きして

頂き、お棺の中へ納めて頂きました。

ご家族の皆様におかれましては、

お通夜・ご葬儀と2日間大変お世話になりました。

慌ただしく過ごされた中で、少しでもお役に立つことが

出来ていれば幸いです。

平安会館 東刈谷斎場 【葬儀 刈谷】

担当 太田 邦尋

お通夜・ご葬儀の様子, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

良く晴れた日

清々しい青空の中

西尾市 文十鳳凰殿 西尾中央斎場にて

営まれました お通夜・お葬儀の様子です

絵画を通し人と触れ合い、過ごされた人生

祭壇両脇には 故人の描かれた 絵をお飾りしました

式場入口には、多くの作品をお飾りしました

愛用のパレットや筆も飾り

会葬の皆様に、偲んで頂きました

向日葵を題材にされた 多くの作品

祭壇には季節外れの向日葵を使って故人らしく

最後の見送りです

お棺の上にもたくさん向日葵…

お忙しい中、多数のご会葬誠に有難う御座いました。

此処、愛知県ではインフルエンザが猛威を振るっております

どうぞお体にお気を付けくださいませ

お疲れが出ませんように…

 

文十鳳凰殿  西尾中央斎場 【西尾 葬儀】

担当 鳥山文寛

お通夜・ご葬儀の様子, 鳥山 文寛 コメントなし    コメントをする

その日は天候にも恵まれて本当にその方の太陽の様な人生そのもののお日柄でした。

ずっとずっとお客様が愛してくれて 来る人来る人が皆様 笑顔でいられて小さな子

からお年寄りまで美味しいよ、美味しいよねと言っていただけて みんなが気さくに

寄ってくれる母の両親から受け継いだ60年の歴史の鉄板焼き屋を母の人生と共に

閉じることになり残念ですが母にあっぱれと送りだします・・・・と喪主様はのれんを

見上げながらおっしゃていました。

皆様に愛されてお店をご縁とし、色々な方々とお知り合いになれたのが母の財産です・・・と

娘様もおっしゃられていました。

お別れはお孫様が最初は恥ずかしいと言っていましたが、本当におばあちゃんの事が

大好きでおばあちゃんもお孫様を本当に愛していたとわかるお手紙を読んでお別れ

して頂きました。(きっとどこかでいつまでも見守ってくれていると思います)

お花が好きで賑やかな事が好きだった母らしく送りたいと色鮮やかなお花で飾った

本当に素敵な祭壇でした。

出棺は素晴らしい天候の中大勢の方に見守られて 合掌にて送らせて頂きました。

本当にお疲れ様でした。

ご家族様におかれましてはお身体ご慈愛くださいませ。

文十鳳凰殿 平安会館【西尾 葬儀】

担当 福島 隆嘉

お通夜・ご葬儀の様子, 福島隆嘉 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7