お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

ようやく朝晩の暑さが引いてきましたここ数日。人間の体というものは、思ったよりも敏感に温度差を感じるもので、これまでと同じ感覚で薄着で寝ていると、明け方ぶるっと寒さに目が覚める…この時期にひく風邪も夏風邪と呼ぶのでしょうか。夏風邪は長引くといいます。どなたも季節の変わり目には、いつも以上に気を付けて生活をしてまいりましょう。

さて私たちは常に、共に、大切なお手伝いのできる仲間を探しています。やりがいのある仕事、そしてなにより、大切なことにたくさん触れることのできるお仕事です。

↓ ↓ クリックすると大きくなります ↓ ↓

過ごしやすくなってきたこの季節。ひとつ、新しいことを始めてみませんか?性別・年齢は問いません。まずは何事もお電話にてお問い合わせください。

電話 0120-565-542

「ありがとう」をお仕事にしてみませんか?
文十鳳凰殿 平安会館 ちごの口 スタッフ一同

担当 古橋 春奈

その他, 古橋 春奈 コメントなし    コメントをする

長男として、沢山の妹様のお世話をされてきた

という面倒見の良い故人様。

怒った顔など見た事がない程に

温厚で優しいお方だったそうです。

沢山の花で飾られた大きな祭壇に、

妹様方が『こんな立派な祭壇久しぶりに見た!素敵!!』

と、お兄様を送られるに際し、大変喜んで下さいました。

ご家族やご親族の想像以上のご供花、ご会葬賜り、

ご家族の感謝の思いが伝わって来たと共に

故人様ご生前のお人柄が偲ばれました。

それぞれの想いを一筋の灯に込め

喪主を務められたご長男より祭壇へお灯し

致しますローソクの灯を頂き・・・

ご近所様と、よく交わしたお酒。

ご家族は、あまり、お酒は嗜まれなかった為、

一緒にお酒を交わす事は、ほとんどなかったそうですが

だからこそ…最期に最愛の奥様よりご主人へ

大好きなお酒を、お酌して頂き届けさせて頂きました。

長くに渡り、人生を共に歩んで来られたご主人。

沢山の想い出と、溢れる感謝に終始

涙されていらした奥様。

ご焼香での、合わせた手のひらに

想いを込めます。

本当に、沢山の方に愛されていたのだな…

そう手に取る様に感じる程に、

お一人お一人が、「〇〇さん、お別れになっちゃうだね」

「〇〇さん!」

そう故人様のお名前を呼び、声をかけられ

沢山の、お花を届けられたお別れの時間。

最愛の奥様をはじめ、お子様、お孫様

そして妹様方迄、

「私も・・・」と故人様の口元へ

奥様が最期にお酌頂いたお酒を運んで下さいました。

ご家族、ご親族の手によって閉じて頂いた

お棺のお蓋。

皆様、涙と共に感謝の笑顔も溢れてみえ

私もほっこり温かい気持ちに。。。

沢山の方々に、見守って頂いてのご出棺。

優しさの中にも、町内会長を3度も務め

保護司の役も担っていらした一家の大黒柱

であり、地域の皆様と交流の輪を広げ

慕われていらした故人様に、

皆様それぞれ故人様ご生前のお姿をお映し

頂いた事でしょう。

そしてこれからも

皆さの歩みを温かな眼差しで

見守って下さる事・・・

 

どうぞご家族様にはご自愛くださいませ。

そして、お母様を大切にしてさしあげて

下さいね。

 

文十鳳凰殿 平安会館  家族葬別邸~結家~

担当 榊原 裕子

お通夜・ご葬儀の様子, 榊原 裕子 コメントなし    コメントをする

文十鳳凰殿 碧南斎場にて、17年の尊い命を精一杯輝かせ まばゆい夏空の向こうへ羽ばたいた菜々ちゃんのお見送りのお手伝いをさせて頂きました。

娘が笑えば場が‘‘ぱっ‘‘と明るくなって、まるで周りを照らす光のようと言ったなら、きっと本人は恥ずかしがって否定するでしょう。生まれながらの病と向き合い続けてきた娘。毎日沢山の薬を飲まなければなりませんでした。注射や検査も頻繁にありましたし、大きな手術は4回も経験しました。それでも娘は言うのです。これは神様に頂いたものだと、可哀想と思われたくないと。私がその理由を聞くと、「私が可哀想だと両親もかわいそうってことでしょ?」と力強く答えたことを覚えております。マイペースで感情豊かな娘は辛い時や痛い時はちゃんと表してくれましたし、入院中の人間観察に笑わされたことも幾度となくありました。夜中に布団をかぶり携帯で小説を読んだり、看護師さんの髪型やメイクをチェックしてみたり…茶目っ気たっぷりな話し方も可愛らしくて大好きでした。昨年には高校にも通い頑張っていたのですが、体調が定まらず休学。それでも復学を目指し、前を向き続けた娘は家族の誇りです。いつだったか「治ることなら長生きしたかった」と話してくれたのは、ありのままの本心だったのでしょう。最後は少しの移動さえも大変な状況が続くも、本当に本当によく頑張りました。気丈に生き抜いた娘を褒めて抱きしめてあげたいと思います。向かう先で笑顔であることを心から願い「菜々子、おやすみなさい」  ~母。

ご家族様には沢山の想いのまま…そこに わたくしが寄り添えましたでしょうか?幾度もの感謝のお言葉を頂き…わたくしも涙を堪えることが出来ませんでした。約5年前の菜々ちゃんの笑顔が蘇りました。大好きなタピオカミルクティー喜んでくれたかな…。この二日間、色々とお世話になりまして本当に有り難う御座いました。どうぞお疲れが出ませんようにお身体にはご自愛くださいませ。

【 碧南家族葬 葬儀相談  碧南葬儀 】

文十鳳凰殿  碧南斎場

担当  内野 久美子

お通夜・ご葬儀の様子, 内野 久美子 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口グループ 施行課 新田でございます。

8月前半に引き続き、後半も介護休暇を数日取得させて頂いております。午前中は病院への付添い。夕方から買い出し・・・というのは普段の休日と変わらないですが、間で庭の草むしりや部屋の大掃除と普段できないことをやっております。家事は母親が何とか出来るのでお任せしておりますが・・・。大掃除のメインは亡くなった父親の遺品整理ですがやってみると大変です。当たり前ですが父親が自身で終活をしていたわけではないので家には未だに父親の物が溢れかえっております(服に関しては意外と自身で処分しておりました)。自分の物なら簡単に処分できるのですが亡くなったとはいえ父親の物を処分するのは気が引けるというか。看病中だった時に購入したものは処分できるのですが元気だった時の物が・・・。母親の荷物は母が「捨てられない人」なので逆に処分したい物がたくさんありますが勝手に処分するとストレスになってしまうみたいなのでよっぽど不要なもの以外は手付けずの状態です(それでもいくつか処分させてもらいましたが(笑))。市のリサイクルステーションに持って行くのですが半分くらい自分の物状態です。コレクションなどもあるのですが趣味の物は本人以外に価値が分からないものも多く、これまた処分に困ります。ある程度価値のあるものもありますが相続税が関係するほど高価なものはなかったので結局そのままの状態です。まだ自身の持ち物整理するには早いかとは思いますが終活における自宅の荷物の整理の重要性を痛感した休暇でした。

平安会館 ちごの口 施行課 新田康雄

その他, 新田 康雄 コメントなし    コメントをする

平安会館 ちごの口 猿投駅前斎場にてご葬儀の

お手伝いをさせていただきました。

故人様は、周り厳しく自分により厳しい

厳格な父親でしたが、愛情深い一面もあり

喪主様が学生時代行っていた野球の試合を

特に応援に行くとも言わず、黙って観戦に来て

いたこともあり、喪主様は大変嬉しかったそうです。

立派に故人様を送ってあげたいと白を基調に

した男性らしい祭壇飾りを選んでくださいました。

お孫さんにも恵まれ、大家族になってからは

すっかり優しいおじいちゃんお孫さんの野球の

試合は目尻を下げながら見守っていたそうです。

皆様でのお写真や大好きだったビールを

お供えして。

開式前のご様子、導師様のご入室

大勢の方がご会葬にお越しになりました。

ご家族の皆様お手伝いさせていただきました

2日間大変お世話になりました。

お疲れがでないよう、お身体ご慈愛くださいませ。

 

平安会館 ちごの口 猿投駅前斎場

担当 中野 吏

お通夜・ご葬儀の様子, 中野 吏 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7