お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

火葬場から戻られ初七日のお勤めも終わり ご自宅にて後飾りを組ませて頂いている時

「紙がいっぱいでね~ お骨が拾いにくかったよ」

と おっしゃられた喪主様

故人様が大好きだった歌手のポスター

お棺の中にどうしても持たせて差し上げたいと 特大の物だったのでご納棺時 お布団の下へ 抱かれるように敷いてさしあげました

そのポスター一枚をいれただけなのに

挟み慣れないご収骨の長いお箸で 一生懸命挟んだら ホロホロと・・・「「それは・・紙ですね・・」と火葬場の担当の方に言われてしまって なかなかお骨が挟めなくて苦労したよ」

 

なぜ 紙が燃えないのか

火葬炉の温度は800~1200度

でも粉になってしまうことはありません

本は本のまま 千羽鶴を入れたら鶴の形のまま 残ります

なので ご収骨の時 紙なのかお骨なのか 触ってみないと分からず お骨のみ挟もうとするのが大変になってきます

 

おやじの時は全部燃えてた!!

そう・・・ 24年前岡崎市の火葬場はまだ古い火葬場 市役所の職員さんが 火葬のお仕事をされていた時代です

その時(厳密に言うと4年前まで)お棺の中に入れられたもの 副葬品というのですが ご遺族がご収骨をされる前に全て取り除いて下さっていました  でも今 新しい火葬場になって丸4年 火葬炉の種類も異なる為 副葬品を一切取り除くことができなくなり 入れたものがそのままお骨と一緒になって  という形に変わったからです

お骨を綺麗に拾って差し上げたいと思われるなら

お棺の中に一緒に持たせてあげるものは 最小限にしたほうが良いですね

 

平安会館 ソサイエ大平 縁 本宿 家族葬の結家

担当 藤原 恵美

 

その他, 藤原 恵美 コメントなし    コメントをする