お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

遠き日に思いをはせると、養鶏を手伝いながら農作業に励み、朝早くから動き回り、休みなく働いて、家族の為に尽くしてくれたお母様のお葬儀を西尾市の葬儀会館 文十鳳凰殿西尾中央斎場にてお手伝いさせていただきました。

綺麗な花々の祭壇でございます。満97歳にてお浄土へと旅立たれたお母様。たくさんの想い出と孫8人、ひ孫12人の優しいおばあちゃん。数々のお写真があり、一部は展示。一部はスクリーンにて上映しました。どのお写真も素敵な笑顔と中心には故人様。

30年程前、伴侶に旅立たれ、寂しい事もあったとは存じますが、家族が食べる分の野菜を育て、脚立に乗って庭木の剪定を自ら行うなど、じっとしていなかったそうです。そんな故人様を偲んでたくさんの方々がお別れに来てくれました。

「30年の月日は長く、彼の地で夫婦の再開が果たせるように」とお写真をお花と一緒にお棺の中に入れていただき、お別れです。

「家族のために本当によく頑張ってくれました。どうかやすらか時を」と喪主様。今頃は夫婦の再開を果たし、長年の想い出話に花を咲かせている頃ではないでしょうか。

初七日も50名程で賑やかくて温かいご家族様、ご親戚の皆様方には大変お世話になりました。そんな様子をお母様も微笑みながら見ていたと思います。忌明け法要のご予約もいただきました。引き続き頑張ります。

西尾市 葬儀会館

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当者 小林【写真 左側】

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする

先日行われました、西尾市の文十鳳凰殿一色斎場の法要料理試食会をご紹介します。

この日のご招待は老人会の役員の皆様、会館のご見学と初七日試食会にご参加いただきました。30名もお集まりいただき、終始賑やかなひと時をお過ごし下さいました。

実際に初七日料理で提供しています料理を召し上がっていただき、皆一様に感想を述べあっていましたね。葬儀でのお食事も葬儀以外の場で召し上がっていただくと、普段とは雰囲気が全く違います。楽しく笑い声の聞こえる会食は見ているこちらまで楽しくなってきました。

素敵なお時間を私共にも与えて下さりありがとうございました。会の皆様がまた来たいと言って下さりとても嬉しかったです。一色斎場以外の斎場にも是非お招きしたいですね!

一色地区 役員様と記念撮影!

女性部長様と3ショット!!

 

文十鳳凰殿・平安会館・家族葬の結家ではご地域の皆様との絆を大切にいたします。皆様のひと時の時間に触れ合い・お手伝いできる事を、この場をお借りし感謝申し上げます。

文十鳳凰殿  一色斎場

担当 宮本英明(下記写真 右) 鈴木真吾(下記写真 左)

イベント, 鈴木 真吾 コメントなし    コメントをする

いつもお世話になっております。皆様いかがお過ごしでしょうか

指先から凍りつくような冷たい寒さの中、人と関る中でふと感じられる温かい気持ちが身体を内からじんわり温めてくれることにくすぐったさを感じております。

 

私にとってそんな温かい気持ちを下さるご家族が・・・

ひとつのきっかけにより、私をまるで家族の一員のように扱って下さり、とても濃い二日間となりました。人との関りが、血の繋がった家族でさえも希薄になってきている今、葬儀というひとりの人の時の終わりを見送る、という場に誰を集い集わせ送られるのか・・・亡くなった方の遺志を尊重したい、又はこれから生きてゆくご自身にとってこの期を大切にしたい。それぞれの想いが交差し、最期まで考え合いながら過ぎられた二日間でしたが、最期にかけて下さったお言葉が

「あの時、ひと声かけてくれてよかった。あなたでよかった ありがとう。」

いつ何が起こるかわからない、私にとっても、ご家族にとってもまたひとつのご縁が紡がれた瞬間。立ち合えたことに、感謝でいっぱいです。

最後に、福井さんも入ってと言って、入れて下さった家族写真と共に

 

ありがとうございました。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当   福井 萌子

 

 

その他, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

家族葬の結家にて先日お手伝いをさせていただきました。

故人様は自然のものと向き合うのがお好きな方でした。

ご自宅にお邪魔させていただいた時に、

玄関には丁寧にお手入れされた立派な松の木がすぅと綺麗にのびていました。

あまりに綺麗なので、庭師さんが入っているのかと思ったのですが、

娘さんが「父が手入れしているんですよ」と。

お父様の趣味は盆栽と教えてくださり鉢植えを見せてくださいました。

あまりの美しさに驚いてしまいました。

ホールを個展会場にしたい。

とても素敵なご希望だったので是非にと大切にお預かりして・・・

もうすぐ咲くはずの花のつぼみを楽しみにされていたのでしょうね。

お孫さん達はおじいちゃんの大好きだった蓮の花が咲く池を

再現するべく折り紙を頑張って折ってくれたそうです。

葉っぱやカエルもいます。

素敵な祭壇が出来上がりました。

お別れの時にはご家族みんなで楽器の演奏と歌のプレゼント。

これすべて実は最期を悟ったご本人が自分でプロデュースしたお葬儀のスタイルだったのです。

本当に素敵なことばかりで、私も終活について考えるきっかけとなりました。

まだまだ先ではなく、明日かもしれない儚い命をみんなが大切に生きていく毎日。

それの積み重ねで今日があり、いざという時どんなお葬儀したいのか。

想像してみるだけでもいいと思います。

ご家族も全部やってあげられたととても満足されているご様子でした。

素敵なお葬儀のお手伝いをさせていただけたことに感謝致します。

ありがとうございました。

【 家族葬 葬儀相談 一日葬 】

 

平安会館 家族葬の結家  文十鳳凰殿

担当 井手 和美

井手 和美, 未分類 コメントなし    コメントをする

 

12月下旬。

つい先日、文十鳳凰殿幡豆斎場にてお葬儀のお手伝いをさせて頂きました。

 

ホールを使わず、控室にて本当に近しい方々のみで故人様を見送る家族葬。

 

写真右側に写っております扉を開けると、ご親族の皆様がくつろいで過ごしていただけるお部屋がございます。

 

通夜式終了後、

「家族葬っていいね・・・」

 

そんなお言葉が聞こえて参りました。

 

お別れの際には、故人様のお好きだったお飲み物をお口に運んで頂けるよう準備をさせて頂きました。

 

大切な故人様と過ごす最期の2日間、

「そばにいて、寄り添いたい」

「親族のみであたたかいお葬儀をあげたい」

残されたご親族のお気持ち、故人様の残された想いをもとに、

あたたかいお葬儀をご提案、あたたかい空間をお創り致します。

 

ここ数日、一段と冷え込む日々が続いております。

風邪など引かれませんよう、どうぞお身体ご自愛下さいませ。

【 西尾市家族葬 葬儀相談 】

 

文十鳳凰殿 幡豆斎場

担当 伊藤 里帆

お通夜・ご葬儀の様子, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7