お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

 

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

8月も終わりを迎えますがまだまだ暑い日が続きますね。

 

 

今回は、先日、家族葬の結家 安城古井斎場にてお手伝いさせて頂いたお葬儀をご紹介いたします。

 

 

故人様は87歳のお父様。喪主はご長女様が務められました。

 

 

会館に入ると、まず目に入るのが白を基調とした洋風アレンジの祭壇。

その真ん中のご遺影の中のお父様のお顔は、とても凛々しく、まさに『男前』。

そのお写真を見た皆様は口々に

「いや~、男前だこと」そう言っていらっしゃいました。

 

「やっぱり美男子だ…。」奥様が呟いた言葉に、

「ほんとだね。」そう答えるご長女様。

 

 

サイクリングとお酒が大好きだったお父様。

北海道から沖縄、各地へ赴いては自転車を走らせ、その土地のお酒を楽しむ。

とっても素敵なご趣味ですね。

「お酒は大好きだったけどね、すーぐ酔っぱらっちゃうのよ。良かったわ~」

故人の奥様とお話させて頂いた際にそう伺いました。

また晩年は、入院生活だったこともあり、なかなかお酒を呑むことが出来なかったそうです。

 

そんなお父様へささやかではありますが、お酒をご用意させて頂きました。

 

「お母さん、銘柄、分からなかったから良く見かけるやつにしたんですけど、お父さん、呑めるかな?」

自信なくそう聞くと、

「お酒なら何でもいいの!ありがとう」

そう言って下さった奥様のお顔は、とっても笑顔で、思わずこちらも笑顔になってしまいました。

 

 

そして式は進みお別れの時…

喪主様をはじめ、ご親族の方々が棺を囲み、お花を手向けたり、お父様が集めたお酒のラベルを見ながらお話したり…。

悲しみの中にも和やかさのある、素敵なお別れでした。

 

そして、ご用意させて頂いたお酒をお口に運ぶ、末期のお酒。

丁度お盆休みの始まる時期だったということもあり、お父様のお口に綿棒でお酒を運びながら

「ほら、お酒飲んじゃったから、自転車は乗っちゃだめよ~」

「取り締まり厳しくなってるからね」

そう声を掛けるご親族様に、ご長女様も奥様も、思わず笑顔になっていらっしゃいました。

 

 

最期に、私から奥様に手渡した一輪の赤いバラ。

お父様は「赤」が好きだと伺っておりました。

そして、一輪の赤いバラの花言葉は、

 

「あなたしかいない」

 

長年連れ添ったお二人にとてもお似合いの言葉です。

 

お別れの後には、祭壇を後ろに皆様での記念撮影です。

 

そして訪れるご出棺の時。

 

 

ご霊柩の扉を閉め、ご出棺でございます。

 

 

 

安城古井斎場にてお世話になりました皆様。

あれから一カ月程経ちますが、法要の準備等はお済でしょうか。

何かあれば、いつでもご相談ください。

 

それでは、この暑さに負けず、体調を崩されませんようお気をつけくださいませ。

 

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  伊藤 里帆

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

 

こんにちは。

いつもブログへお立ち寄りくださる皆様、いかがお過ごしでしょうか。

大分、日の落ちも早くなってきたなぁと感じられるけれど、負けじと肌を焼くような暑さは健在、、、身体を労わっていきたいものですね。

今回はご紹介を。前にお手伝いをさせて頂いたご家族ですが、宗派は、浄土宗。基本的なことは変わらないけれど、普段と違ったところ。故人様の頭もとに、

100個の団子。団子は通夜、葬儀、初七日でそれぞれ100個ずつ。お別れ時に全て、お棺の中へ。

足元に、

6つのお水。その他にも数点、おおぁ~ということがありました。勉強不足の為、どういう意味でこうされているのか、分かりかねますので、再度お寺様にお会い出来たら、伺ってみたいと思います。

その時は、またご紹介いたしますね。

みなさま、どうかお身体を大切に。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

 

 

 

 

 

 

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする

とてもやさしく美しい色彩。

やわらかくて繊細な線。

故人様が残された1冊のスケッチブック。

一目見ただけで心奪われました。

特に色使いが私はとても好きです。

この寺院の屋根も細かく描写されていて見とれてしまいます。

観察眼が素晴らしい。

故人様は長年、市役所でお勤めになり定年退職をされてから

取り組まれたのが絵の教室だったそうです。

そこでお仲間ができたり、お出かけされたりして

ご家族はいい趣味ができて良かったねとお話されていたそうです。

だれもが、故人様のことを、とても優しくて、穏やかで朗らかで。

とおっしゃる方でした。

お帰りになる際に奥様が一言

「ほんと寂しくなっちゃう。本当にいい人だったから・・・」

とぽつりとおっしゃるくらい夫婦仲睦まじく、

共に写るお写真の多いこと。

そういうお人柄がすべてこの絵に込められて、

観る人の心に温かく残る作品になっているのだと思いました。

お仲間やご家族、ご夫婦のお写真を集めて作られた

スライドショーに何作品かお入れさせていただきました。

また続きを書けるように、このスケッチブックは

お棺の中にお納めになったのでもう実物を観ることは叶いませんが

ほんの1部をここでご紹介させていただきます。

素敵な作品と出会えることができてうれしかったです。

ありがとうございました。

ご家族皆様どうかお体ご自愛下さい。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

井手 和美

お通夜・ご葬儀の様子, 井手 和美 コメントなし    コメントをする

梅雨真っただ中、そしていつ収束するのか分からないコロナウイルスが再び猛威を振るい始めた7月中旬。西尾市にございます文十鳳凰殿一式斎場にてお通夜、ご葬儀のお手伝いをさせていただきました。

ご祭壇の様子です

式辞に欠かすことの出来ないお灯明の種火をご長女様よりいただきまして

ご祭壇へ・・・献灯!

式中の様子

喪主様よりご会葬いただきました皆様方にお礼のご挨拶です

在りし日のさよ子様のお姿を

スライドで振り返っていただきましょう

お棺に、お別れのお花を入れていただいたら彼の地に一緒に持っていっていただくよう、さよ子様のお好きでした甘い物も入れていただきましょう

コーヒーは末期としてお口に

ここには有りませんが、ご葬儀の4日後がさよ子様の88歳のお誕生日でしたので、初七日の会食時にケーキもご用意させていただきました

おなごりは尽きませんがお棺をお閉じいただきます

ご会葬いただきました皆様へ、今一度お礼のご一礼をされて

ご出棺です

ご自宅にて喪主奥様とのツーショット写真

35日の忌明け法要は済んでおられますね。・・・月日の過ぎるのは早いものですね。

ご家族の皆様には2日間という短い時間の中で大変お世話になりましたこと本当にありがとうございました。まだ暑い日は続きますが体調に気遣われお過ごしいただきたいと思います。

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 清野孝子

お通夜・ご葬儀の様子, 未分類, 清野 孝子 コメントなし    コメントをする

皆さま、こんにちは。

本日は、今年リニューアルオープンされた、高浜市青木町にございます「平安会館 サライ 高浜青木斎場」をご紹介させていただきます。

こちらが式場でございます。従来の白木を使った祭壇と異なり、洋風の造りとなっております。こちらの式場にて通夜、葬儀、そして初七日まで執り行うことができます。

こちらは親族控室でございます。こちらで、通夜の後近しいご親族の方とお食事を召し上がったり、ゆっくりとおくつろぎいただくことができます。奥にはベッドルームが併設されておりますので、すぐにお休みいただけます。

また、バスルームも完備されております。こちらには、アメニティグッズ、バスタオル、フェイスタオル等のご用意もございますので、ご自由にお使いいただけます。

また、電子レンジや冷蔵庫などもございます。こちらも自由にお使いいただけます。

このように、当会館では皆さまがゆっくりおくつろぎいただける空間を提供させていただいております。

平安会館 サライ

担当:幸村  美樹

 

その他, 幸村美樹 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7