お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

儀式、風習のそれぞれ

桜もいよいよ見ごろとなってまいりました、ここ数日。新型ウイルスの関係で花見は車中からしかできない厳しい春となりましたが、またぐっと最低気温が下がる週末、みなさまご自愛くださいませ。

さて私共は日々、広い地域で、多くのご宗派や、風習にのっとったお手伝いをさせていただいています。何を大切にされるかは本当にそれぞれです。仏教であれば、お導き下さるご寺院様のご指導が、大きなところ。先日はご住職に…

通夜に100個、葬儀に100個、初七日に100個、枕元にお団子をお供えし、

足元には6個の水をお供えするようご指導いただきました。6という数字は六道に通ずるそうです。

また以前には、別のご地域ですが、大人が5~6人も入れそうな大きな傘を導師様の側へご用意したり…。ちなみにこの時は、入退場に「笙」という奈良時代から伝わる管楽器をふかれました。

こちらも、枕元にお団子や杖をお供えした記録。お団子も形や数が異なるものですね。

それぞれに意味があり、それを行うことに意味があると言われます。見たこともない物や形、儀式さまざま、それぞれに大切にされていることを、これから、私どももできる限りおそばで、大切にさせていただきたいと思います。

 

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当   古橋 春奈

お通夜・ご葬儀の様子, 古橋 春奈

コメントを投稿する

・メールアドレスが公開されることはありません。
・コメントの反映までにお時間がかかる場合がございます。