お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

平安会館 ちごの口 豊田大林結家で行われたキリスト教の家族葬です

 

家族をしっかり支えた故人様でした

頑固に感じる一面はご自身の意思を貫く強さでもあられたようです

 

大好きだった日本酒でお別れをしていただきました

また一緒に飲んでいろんな話をしたかった・・・

庭の木や花を手入れする穏やかな表情の父を見ていたかった・・・

いまはただ溢れる感謝の言葉を送られました

どうぞ、ゆっくりお休み下さいと、皆で願いお見送りしたしました。

故人様のご冥福を心からお祈り申しあげます。

平安会館 ちごの口 結家 豊田大林

担当 初山 靖德

お通夜・ご葬儀の様子, 初山 靖徳 コメントなし    コメントをする

みなさん、こんにちは。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日は今年の8月にリニューアルオープンした高浜市神明町にあります『平安会館 サライ 神明斎場』をご紹介させていただきます。

式場は、2月にリニューアルオープンした平安会館サライ青木斎場と同じく、花祭壇をメインとした温かみのある空間となっています。

親族控室には寛ぎのベッドルームを完備し、お付き添いの疲れを癒す広々としたバスルームがございます。

またFREE Wi-Fi (無料インターネット)のサービスも始まり、より快適にお過ごしいただけるように生まれ変わりました。

高浜市に平安会館サライは2店舗となり、今後もより一層、地域社会の絆を結ぶため、努力してまいります!!

 

高浜市 家族葬 平安会館

その他, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

岡崎市にあります葬儀会館 平安会館 ソサイエ 縁斎場にて家族葬のお手伝いをさせていただきました。

晴れ渡る青空の下、開式です。

子供、孫、親しい方々に囲まれて営まれた式。

「長年、お疲れ様でした。」「ありがとう。」「天国でも元気でね。」

それぞれの想いをお花と折り鶴に託し、お別れです。

式場もちょうど良く、ご家族様もゆっくりとお過ごししていただき、気に入っていただき嬉しく感じました。暑い日が続きますが、お身体、ご自愛下さいませ。

平安会館 文十鳳凰殿 家族葬の結家

担当者 小林孝教

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする

 

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

8月も終わりを迎えますがまだまだ暑い日が続きますね。

 

 

今回は、先日、家族葬の結家 安城古井斎場にてお手伝いさせて頂いたお葬儀をご紹介いたします。

 

 

故人様は87歳のお父様。喪主はご長女様が務められました。

 

 

会館に入ると、まず目に入るのが白を基調とした洋風アレンジの祭壇。

その真ん中のご遺影の中のお父様のお顔は、とても凛々しく、まさに『男前』。

そのお写真を見た皆様は口々に

「いや~、男前だこと」そう言っていらっしゃいました。

 

「やっぱり美男子だ…。」奥様が呟いた言葉に、

「ほんとだね。」そう答えるご長女様。

 

 

サイクリングとお酒が大好きだったお父様。

北海道から沖縄、各地へ赴いては自転車を走らせ、その土地のお酒を楽しむ。

とっても素敵なご趣味ですね。

「お酒は大好きだったけどね、すーぐ酔っぱらっちゃうのよ。良かったわ~」

故人の奥様とお話させて頂いた際にそう伺いました。

また晩年は、入院生活だったこともあり、なかなかお酒を呑むことが出来なかったそうです。

 

そんなお父様へささやかではありますが、お酒をご用意させて頂きました。

 

「お母さん、銘柄、分からなかったから良く見かけるやつにしたんですけど、お父さん、呑めるかな?」

自信なくそう聞くと、

「お酒なら何でもいいの!ありがとう」

そう言って下さった奥様のお顔は、とっても笑顔で、思わずこちらも笑顔になってしまいました。

 

 

そして式は進みお別れの時…

喪主様をはじめ、ご親族の方々が棺を囲み、お花を手向けたり、お父様が集めたお酒のラベルを見ながらお話したり…。

悲しみの中にも和やかさのある、素敵なお別れでした。

 

そして、ご用意させて頂いたお酒をお口に運ぶ、末期のお酒。

丁度お盆休みの始まる時期だったということもあり、お父様のお口に綿棒でお酒を運びながら

「ほら、お酒飲んじゃったから、自転車は乗っちゃだめよ~」

「取り締まり厳しくなってるからね」

そう声を掛けるご親族様に、ご長女様も奥様も、思わず笑顔になっていらっしゃいました。

 

 

最期に、私から奥様に手渡した一輪の赤いバラ。

お父様は「赤」が好きだと伺っておりました。

そして、一輪の赤いバラの花言葉は、

 

「あなたしかいない」

 

長年連れ添ったお二人にとてもお似合いの言葉です。

 

お別れの後には、祭壇を後ろに皆様での記念撮影です。

 

そして訪れるご出棺の時。

 

 

ご霊柩の扉を閉め、ご出棺でございます。

 

 

 

安城古井斎場にてお世話になりました皆様。

あれから一カ月程経ちますが、法要の準備等はお済でしょうか。

何かあれば、いつでもご相談ください。

 

それでは、この暑さに負けず、体調を崩されませんようお気をつけくださいませ。

 

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  伊藤 里帆

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

 

こんにちは。

いつもブログへお立ち寄りくださる皆様、いかがお過ごしでしょうか。

大分、日の落ちも早くなってきたなぁと感じられるけれど、負けじと肌を焼くような暑さは健在、、、身体を労わっていきたいものですね。

今回はご紹介を。前にお手伝いをさせて頂いたご家族ですが、宗派は、浄土宗。基本的なことは変わらないけれど、普段と違ったところ。故人様の頭もとに、

100個の団子。団子は通夜、葬儀、初七日でそれぞれ100個ずつ。お別れ時に全て、お棺の中へ。

足元に、

6つのお水。その他にも数点、おおぁ~ということがありました。勉強不足の為、どういう意味でこうされているのか、分かりかねますので、再度お寺様にお会い出来たら、伺ってみたいと思います。

その時は、またご紹介いたしますね。

みなさま、どうかお身体を大切に。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  福井 萌子

 

 

 

 

 

 

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 福井 萌子 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 419