お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

とある日の事・・・

当社に一本の電話が入りました。

 

「〇〇新聞の〇〇と申します。・・・」新聞社の方からの電話。

「実は・・・」

お話を伺うと、それは嬉しいお話を頂きました。

以前当社にてお手伝いさせていただいたお葬儀の事。

そのお葬儀で、故人様がよく通ってみえた喫茶店のコーヒーを

ご用意させていただいた事が始まりとなりました。

故人様がお好きでいらしたコーヒーを…いつものコーヒーを最後にも…そう思ってご用意させていただいた通いなれた喫茶店のコーヒー。そちらの喫茶店様は、コーヒーを分けいただきに伺うと、「私からの供養の気持ちだから」とお代を受け取られず快くご提供下さいました。急にお願いに伺ったにも関わずコーヒーをお分けいただいただけも有難い事でしたのに…いつも来てくださっていたお客様だから…との喫茶店様の気持ち。そんな温かい話…

そしてそれには我々も知らない続きがあったのです。

なんとそこの喫茶店様が、故人様の為にとコーヒーを頂きに伺った事に対し,喫茶店様側も温かい事があったと、新聞の特集に書込み下さったのです。

そして、更にそのコメント記事を見た記者様が、それは素敵な話だと、是非それを喫茶店様と当社スタッフと双方のその時の気持ちを記事にさせていただけないか・・・そんなお電話を頂いたのです。

 

まさかのそのお電話に…こちらがまた温かい気持ちになりました。

故人様の為にとご用意させていただいたコーヒー。

それが、そのご遺族でもご親族でもなく、そのコーヒーをくださった喫茶店様が温かな気持ちをそこに抱いて下さり、そしてそれをわざわざ新聞記事にコメントと投稿くださり…

更にそれを素敵な事だと、目を止めて下さった新聞記者様。。。

我々がさせていただいた事が、お手伝いさせていただいたご遺族様のみならず、連鎖により温かなお気持ちを抱いていただける事。本当にこちらがホッコリさせていただいちゃいました。

そう。。。

お葬儀って、暗い、悲しいイメージをお持ちの方多いですよね。。。

もちろん大切な方がいなくなってしまう事は、何も手につかない何も考えられない程辛く悲しい事です。

けれども、その裏側で、お葬儀を通し温かい気持ちにもなれるんです。

我社スタッフは、少しでもそんな気持ちになれる

温かな気持ちで大切な方を送って差し上げられる

そんなお葬儀のお手伝いを心掛けております。

 

最期だからこそ、大切な方を笑顔で一緒に送ってさしあげませんか。

 

この度は、こんな気持ちにさせていただきました喫茶店様、新聞社様そして、そのきっかけを頂いた、お葬儀をお手伝いさせていただいたご遺族様、何よりその全てのご縁を下さいました故人様に…

心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

【文十鳳凰殿  平安会館  家族の結家】

 

 

その他, 榊原 裕子 コメントなし    コメントをする

雨が続いた後 お通夜の日のお昼から上がった雨

葬儀には暖かい光が差し込んだ

五月中旬  文十鳳凰殿「西尾中央斎場」にて

営まれましたお葬儀の様子です。

席は未だ会葬者が居ない会場に、焼香に訪れる皆様、

新型コロナの影響を懸念し、読経前にお時間をお作りしてご案内をいたしました。

50名以上の方が故人を偲びお参りに来られました。

自由な時間にお別れもゆっくりされておられました。

式次は滞りなく終了

お写真の傍には故人様の好きだった物

ご家族様が準備してくれました

しっかりとお棺の中に持たせて差し上げました。

逝く先でゆっくりと食べて下さい。

今回の通夜・葬儀でご弔問頂いた方は300名以上

故人の交友関係や偉大さをあらためて知る事になった式

家族の知らない父の姿も、垣間見る事が出来たのではないでしょうか

 

突然の出来事で、心の整理もつかない日々が続くかも知れません

お困りがございましたらお気軽にお問合せ下さいませ

どうぞお疲れが出ませんように…

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 鳥山 文寛

お通夜・ご葬儀の様子, 鳥山 文寛 コメントなし    コメントをする

厳しくも仕事熱心で、懸命に家族を支えた父

何事も自分で丁寧にこなす、しっかり者だった母

今年の1月にお父様を送られ、その半年後、お母様のご葬儀となりました。

ご縁をいただき、そんな古き良き夫婦の形を歩んでこられたお二人の葬儀をお手伝いさせていただきました。

 

いつも仲が良かったから・・・と、お母様のお近くにお父様のご遺影を飾られた喪主様

私からも、お二人の仲を表すようなメッセージボードをご用意させていただき、ご家族の皆様からは「これからも2人で天国で仲良くしてね」とお母様のお好きだったものと共にお供えしていただきました。

ご家族の皆様の想いは届き、きっと手を取りあって、これからも過ごしていることと思います。

 

平安会館 安城斎場

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

太田 邦尋

お通夜・ご葬儀の様子, 太田 邦尋 コメントなし    コメントをする

 

五月中旬 天気 雨

文十鳳凰殿「西尾中央斎場」にて営まれました

お葬儀の様子です。

好きな色、好物、想いを込めた物

全部、故人様のお近くに…

好物のウナギとアナゴとコーヒー

を準備いたしました。

ご家族が、想いを込めて折られた

千羽の折鶴

最期くらいは…と準備されたカーネーション

好きな色は藤色

祭壇のお花も藤色、棺の上には藤色の折鶴

お孫様が、朝故人様へと摘んできて頂いた

「アジサイ」も鮮やかな藤色でした。

 

思いつく限り、故人様の好きな物で飾られ、

送り逝かれた、葬送の時

その日の雨も涙雨、明日はきっと、いいお天気になる事を

願っております。

 

文十鳳凰殿  平安会館 家族葬の結家

担当   鳥山 文寛

お通夜・ご葬儀の様子, 鳥山 文寛 コメントなし    コメントをする

向夏の候、西尾市にある葬儀会館 文十鳳凰殿 西尾中央斎場にて家族葬のお手伝いをさせていただきました。家事に子育て仕事と全力で駆け抜けて来られた92年の人生。たくさんのお話を聞く中で、欠かせなかった物をこちらでご用意。

それは行きつけのお店の【鍋焼きうどん】でした。

儀式も滞りなく終了し、お別れ時にお持ちしました。

「ちょっと・・・小林さん。それはずっこいわ~。そんなこすいまねされたら、泣かないと決めていたのに・・・(涙)」とても感激し、涙を見せてくれた事に、こちらも気持ちを知っている分、涙が出ました。

手元供養が出来るよう、初七日にも少しお供えさせていただきました。

「ずっこいわ~。火葬場に行く道中も泣けてきた。気持ちよく送る事が出来た」と喪主様よりお言葉をいただき、このご縁に感謝申し上げます。忌明けのご予約もしていただき、これからもしっかりお手伝いさせていただきます。

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当者 小林 孝教【右側】

 

 

お通夜・ご葬儀の様子, 小林 孝教 コメントなし    コメントをする
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 405