お葬式・葬儀-平安会館-平安閣グループ

スタッフの絆ブログ

スタッフの絆ブログ

伊藤 里帆の記事

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

前回のブログ担当の際は、『献灯の儀』について綴らせていただきました。

今回は、『葬儀の食事』part①”通夜振る舞い”について書かせていただこうと思います。

 

打合せに伺うと、ご遺族から

「出すものなの…?」「出さなきゃいけないの…?」

と聞かれることがございます。

 

出さなくてもよい。出すべき。

答えはございません。

 

またその逆も。

「お声がかかったら出なければいけないものなのか…」

そう困っている方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな皆様に、アドバイスです。

 

まずは喪家様、葬家様側。

通夜振る舞いを出す事を考えていらっしゃる場合、通夜というのはご弔問方の人数が予測しづらい為、軽食、寿司桶、オードブル等の大皿で大勢でも食べられる食事を用意する傾向が強くあります。

 

 

通夜振る舞いというのは、必ずしも出さなければいけないという決まりはありません。

通夜振る舞いを行わない、習慣がない地域もあれば、お菓子等を持って帰っていただく地域、親族でない方々もテーブルを囲むといった地域もあります。

 

当社、文十鳳凰殿、平安会館、家族葬の結家がある地域は、親族のみで通夜振る舞いを行うことが多くございます。

その人、その家、その地域によって違いもあるので、ご親族に相談してみるのも良いですね。

 

 

次に、お声が掛かった方。

お声が掛かったのであれば、お食事を召し上がって行っていただけたらと思います。

ですが、お時間がなかったり、お忙しかったりと、テーブルに囲むのは難しいこともあるでしょう。

 

そんな時は、喪主様や故人様の近しい親族の方に断りを入れましょう。

 

 

 

それから、マナー等のことが心配で気が引けてしまう方。

食事をする場だからと言って、特別なテーブルマナーがあるわけではありません。

 

ですが、通夜振る舞いは普通に食事をするだけでなく、故人との思い出などを語り合い、遺族たちの心を慰めるという意味もあるそうです。

また、通夜振る舞いには「お箸をつける事が供養になる」という云われもあるそう。

参加して頂ける場合は、故人を偲び、供養にと一口だけでも召し上がっていただけたらなと思います。

 

色々と書きましたが諸説あるお話でございます。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 伊藤里帆

その他, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

当社では葬儀式の始まりにあたり、ご祭壇へ一筋の光を捧げさせて頂く『献灯の儀』を執り行う事がございます。

 

ご祭壇へお灯しいたしますお光は、故人様の縁深い方よりご点火いただきます。

 

頂いたお光を祭壇へと・・・。

そして、ご開式でございます。

 

皆様、そもそも『献灯』とは何かご存知でしょうか。

献灯とは、灯明を奉納する事、または灯明そのものの事。とありました。

 

ではなぜ“火”が重要なのか。

仏教には「光明とは智慧のかたちなり」という教えがあるそうです。

これは、光(=火)は心の闇を照らし、仏様の知恵と慈悲を讃える。という意味です。

浄土系の仏教ではロウソク(=火)は極楽浄土へ向かう死者の道標となっているようです。

また、初期仏典には「ブッダのために火を灯すことはとても徳の高い行為である」と記述されているため仏教において火は重要かつ神聖なものとされているのかもしれません。

 

 

神聖という言葉でパッと思い付くのは神社、神道ではないでしょうか。

火には不浄を焼き払う力があるとされていたこともあり、神道においては清浄な火を

忌火と呼び重視しているそうです。

“忌火”…火鑽(ひき)りで起こした清浄な火

 

 

そして神道と言えば神様。

古事記や日本書紀に登場するイザナギ、イザナミ。

この二神は国生みとして日本を作り、次の使命である神生みをし、多くの神々を生んだそうです。

・風の神・木の神・山の神・海の神・川の神・岩の神・石の神…

そして最後に生まれたのが

・火の神【火之迦具土神(ヒノカグツチノカミ)】。

 

カグツチノカミを生んだイザナミは大火傷を負って死んでしまいます。

このエピソードの続きが黄泉の国、死後の世界のお話へと繋がっていくのです。

 

これにより、神様のお話の中でも火というものは重要な役割を果たしている事がうかがえるのではないでしょうか。

 

これだけのエピソードだけでは明確な事を申し上げることはできませんが、葬儀での献灯の風習の由来には、火を神聖なものとしてきた信仰心があるのかもしれません。

 

書き出すと長くなってしまうので今日はこの辺で・・・

 

 

尊い火を大切な故人様へ。

縁の深い方から想い出と共に。

 

 

寒く乾燥した日が続いております。

皆様、くれぐれも火災にはお気を付け下さいませ。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 伊藤 里帆

その他, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

インフルエンザにコロナウイルス、様々な病原菌が蔓延している今、皆様はどのように自分の健康を守っておいででしょうか。

 

手洗い、うがい、マスクの着用。

あらゆる手を尽くしてもかかってしまうときはかかってしまう、、、

そんなリスクを減らすため、当社会館スタッフもマスクの着用を実施いたします。

 

従業員のマスクの着用については今までもネットやニュースで賛否両論が取り上げられてきましたが、どうかご理解をお願いいたします。

 

マスクの着用については、スタッフの体調不良によるものではなく、お客様、スタッフの健康と安全確保を最優先とした予防対策でございます。

並んでご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当 伊藤 里帆

その他, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

 

皆様こんにちは。

時の流れとは早いもので、2020年も2月に突入致しました。

 

2月に入り、皆様の周りには「就職活動」をしている方もいればこれから始められる方もいらっしゃることと思います。

何故「終活」ではなく『就活』の話をしたのかと申しますと、最近「もう少しで先輩だね!」と言われる事も多くなりもうそんな時期なのか、、、と。

 

入社してから約1年、「どうして葬祭業をやろうと思ったの?」と多くの方に聞かれました。

確かに葬儀スタッフというのは馴染みの無い者かもしれません。現に私自身、祖父が亡くなるまではこういった職業があるという事を全く知らず、知ったとしても「こういった仕事をしている人もいるんだ~」くらいにしか考えておりませんでした。

ご縁あってこうして入社させていただいたのですが、自分が皆様のお葬儀のお手伝いをしているというのが信じられないくらいです。

 

私が葬祭業を知ったきっかけでもある祖父が亡くなった際は、初めての葬儀で右も左も分からず親族一同、不安しかありませんでしたが担当して下さった葬儀スタッフの方が、一から丁寧に教えて下さり、本当にその方だけが頼りでした。

 

残念ながらその方は別の会社の方なのですが、その時のことというのは忘れていないものでして、とても印象に残っています。

 

この経験から、私も皆様の印象の残ることの出来るようなスタッフになれたらと日々勉強しておりますが道のりはまだまだ遠く・・・

いつかそんな日が来るといいな・・・と思っております。

 

さて、当社スタッフにもこのように印象に残る方々はたくさんおります。お客様の印象に残るのはもちろん個性豊かなスタッフが勢揃いでございます!

 

今、何をしたいのか、どんな職業があるのかと悩んでいらっしゃる皆様。

ぜひ一度、当社のホームぺージ、ブログをご覧ください!

当社の紹介や、過去にスタッフがお手伝いしたお葬儀やその他イベントなどの行事が数多く紹介されております。

また、周りに就職について悩んでいる方がいらっしゃいましたらチラッと「こんなのもあるよ」と話題にしていただけたらと思います。

 

長々と失礼致しました。

 

最後にここ数日内にお手伝いさせていただいたお葬儀です。

故人様は旦那様、喪主様は奥様。

奥様は旦那様のお好きだったものをほとんど知っておられて、ご持参くださったので末期のコーヒーとお汁粉を・・・

この他にもお饅頭にお煎餅、ミカン、それからタバコもお棺へ入れて頂きました。

 

旦那様の全てを知っていらっしゃる奥様、とても素敵でございました。

 

まだまだ寒さも続いております。どうぞ風邪など引かれませんようご自愛くださいませ。

皆様!インフルエンザ、新型コロナウイルスにもお気をつけ下さいませ!!

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  伊藤 里帆

お通夜・ご葬儀の様子, その他, 伊藤 里帆 コメントなし    コメントをする

 

 

先日、家族葬の結家のとある斎場にてお葬儀のお手伝いをさせていただきました。

 

故人様はとっても小さな赤ちゃん。

お母さんの腕に抱かれている姿は、本当に眠っているかのようで可愛らしいお顔でした。

 

ご納棺はせず、喪主様方がご持参くださったベビーベッドでの通夜式、葬儀式。

ベビーベッドの中には故人様のお兄ちゃんやいとこのお兄ちゃん、お姉ちゃんからのたくさんのお手紙や折り紙でいっぱいでした。

そしてお別れの時・・・

会館でのご納棺は行わず、火葬場のスタッフの方に事情をお話しし、火葬場でのご納棺、お別れを許可して頂きました。

 

嵐のように過ぎ去った2日間、ご親族の皆様はもっと早く感じたのではないでしょうか。

 

私自身、赤ちゃんのお葬儀をお手伝いするのは初めてでございましたので戸惑うことも多く、改めて“当たり前”などないのだと考えさせられる2日間でした。

 

 

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家

担当  伊藤里帆

お通夜・ご葬儀の様子, 伊藤 里帆, 家族葬 コメントなし    コメントをする
1 2